2012年11月28日水曜日

第5回ジューキーズカップ 試合結果

朝方 寒っ、のちお昼前から快晴!
お外遊びに最高、 絶好のレース日和っっ
行って参りました生駒山の麓 ジューキーズ!
(絶好の行楽日和でもありましたが皆さん四季を感じる家族の旅行など出来てる?)
(紅葉狩りとかさ。やっぱまだまだストライ道中膝栗毛?)

本日のコースはこれまでゴール位置だった所からスタートし
左回りに緩やかに下って、これまでスタート位置だった所にゴール。
(第3回と比較して、だね。まっこの説明は要らない、よね)

参加者全員が決勝に進めるジューキーズ。
今回は参加者多数で3歳に至っては驚愕のI決勝。
(何時に終わるんだろなんて心配しちゃいましたが時間通りだったねウキャ)

サンダーズからの出場選手は、
2歳クラス いっちゃん!
3歳クラス コッシー、おりょうちゃん、あらちゃん!
5-6歳クラス シセ君、ケンショー君!
の6名です。

本日はシセパパ撮影班です!
乗り物酔いしやすい方ご安心ください!Non手ぶれ!
(いや~サンダーズには撮影上手が多いなぁ)
(どちらかの腕でずっと撮影できるというのは腕筋が発達してくる訳?)(--)(--)(--)???
-------------------------------------------------------------

まずは最年少!2歳児クラス いっちゃん登場

いっちゃん予選


インコースからのスタート!
パパの指示通りまっすぐインコースを走っていきます。
第1コーナーまでは3番手。
大きなカーブの終盤、くだりを利用して2番手に躍り出ます。
その後も足色衰えることなくゴール!2位でA決勝進出です!!

いっちゃん*:゜☆キラキラA*:゜☆決勝


予選とはうってかわって大外からのスタートです。
むむ?どうしたどうした?
早い時に見られるウィングアップの前傾姿勢が見られません。
なんかゆったりのんびりしてますな・・・
んぁ?第1コーナー付近で「きゅーこーれっしゃのおとーりだー」の声が!
あ、ゴードン。いつものいっちゃんか!?と思いきや、 (_□_;)黄金の声援でした
(金切り声うるせ~)
でも予選で抜いた坂道と同じ箇所でスイッチが入ったのか、徐々に順位を上げていきます。
(スイッチ入った時とのんびりしてる時、オンオフをお楽しみ下さい)
何位だ何位だ・・・6位??
初参戦のジューキーズ、A決勝6位でした!

お次は三歳クラス!10月に三歳なったばっかしの コッシー登場

コッシー予選


うむむむ・・・戦闘モード時はガッシガッシと走ってくれるのですが今日はどうしたのでしょう?!
ゆる~りゆる~りと流し感さえ醸し出してます。
7番手で最後の直線へ。
前をとらえようかという距離ですがなかなか縮まらない。
そこへ後ろからもう一人の選手がやってくる。
そのまま3人でゴールへなだれこむー
最後は3人の中で1番最初にゴール!6位でF決勝進出です。

コッシーF決勝


スタート直後はいい感じ!と思いましたが、う~む~予選同様覇気薄め?でしょうか。
抜きつ抜かれつ6位でゴール。
レース後ママに確認しますと、
朝から「帰りたい」「やりたくない」等々「今日はレース気分でない」事を全面にアピッていた模様。
ついこないだまでママと並走して走ってたんだもんね。
ここの会場ではいつもそうだったから今日から駄目!じゃ
なかなかその気になるのは難しかったんだよねぇ。きっと納得いかなかったんやろねぇ
それでもちゃんと完走。不満が態度に表れる可愛い3歳児。
しかぁし ストライダー界では激戦の3歳クラス!
一人でも頑張って走れるよう練習&説得(笑)頑張ってこー

お次は中堅 あらちゃん登場

あらちゃん予選


苦手のスタートいい感じに決まり、第1コーナーで2番手。
第2コーナー以降、1番手をぴたりをマーク。
ずっと抜き去る機会を伺いますが一歩及ばず。
最終の直線、最後まで頑張って走りましたが距離が縮まらず2着でゴールイン。

いつもなら2位もA決勝進出ですがこの日は3歳最多出場の為2位はB決勝なり、くぅぅ。
A決勝でおりょうちゃんとW表彰台の夢敗れ、惜しくもB決勝へ。

(ところで。レース終盤 第3コーナー付近からご注目下さい。)
(走りながら並走し、声援を送るケンパパ・・・!チノパンはいてるナイスガイですよ。)
(実は、前日の雨でできたぬかるみにずぼっと入っちゃってます、がははー(*`∀´)
(おまけに靴脱げた!でもそのまま片足裸足で疾走されたそうです)
(無かったように走ってフレームアウト(爆笑)垣根でココダっての見えないの残念ーーー)
(あっ 因みに真っ白いシューズでした~~)

あらちゃんB決勝


わおっ スタート出遅れ!どんだけ遅いんや?!
第1コーナーでは6番手。さすがに厳しいか!
しかし無駄のないライン取りで第2コーナーではなんと2番手に浮上。
第3コーナーでインコースからトップを奪うとなんとかそのままゴール。
なんとかB決勝優勝です。
コース幅の広いスポーツランド生駒であったからこそ、優勝できましたが、
これが幅の狭いストライダーカップなどになると、+譲る君⇒単なる惨敗(; ̄ー ̄川だねぇ
どなたかスタート教えてやってくだへ~m(_ _)m

3歳エース おりょうちゃん登場

おりょうちゃん予選


スタートで飛び出し成功!ぐねりと思いっきりインコースへ。
少々のロスは気にならないくらいのスピードで第1コーナーに向かい、
ぐんぐん差を広げていきます。
直線を迎える頃には流してゆるりと走ってぶっちぎりでゴールイン。
堂々1位でA決勝進出です。

おりょうちゃん*:゜☆キラキラA*:゜☆決勝


広いコース幅のスポーツランド生駒。ライン取りが勝負の分かれ目。
でも今日のりょうまにはそんなのかんけーねぇ!
スタートはまずまずながら、ちょっと足元を見ている間に
広いコースのほぼ端から端までぐね~りぐねり。どうしたどうした考え事?
力強い走りでぐいぐい足を進めてトップで第1コーナーへ。
最終コーナーで後方から迫り来る強襲、少し接触もありますが、懸命にゴールを目指します。
最後は壮絶な争い、なんとか追撃をしのぎ切りトップでゴール、見事A決勝優勝です。


今日は4歳児いさくん珍しく(笑)お休みの為、4歳クラスでちょっと間ブレイク♪

続いては5.6歳クラス!年中さん シセ君登場

シセ君予選


ロケットスタートから全力で走る走る走る~~
パパの「シセ最後まで行け」の声援にきちんと「はい!」とさわやかに大きなお返事。
さすがは前々回大会優勝者、
最後まで後続に影をも踏ませずぶっちぎりの1位でA決勝進出です!

最後はこの漢 ケンショー君登場

ケンショー君予選


第1コーナーまでどちらが前に出るか!?といった熾烈な争い!
ストライダーにとっては大きな大きな分かれ道です。
スタートダッシュからケンショー君含む2人が並んで抜け出します。
しかしそこは勝負強いケンショー君。
第1コーナーでわずかに前に出て魂のライン取りでインを攻めトップに立ちます。
実力者同士のせめぎあい、最後の直線まで見ごたえのあるレースでしたが、
トップを譲らず見事ゴール!!!ケンショー君もA決勝へ。

シセ君・ケンショー君 *:゜☆キラキラA*:゜☆決勝


予選1位のメンバーがイン側のグリッドとなった5歳決勝。
予選1組1位のシセ君、2組1位のケンショー君がそれぞれ1,2番グリッドに入ります。

・・・レディ・セット・ゴー!
グリーンのフラッグが勢い良く振り上げられた瞬間
サンダーズ2名のトップライダー同士の争いが幕を開けます。
スピードはほぼ互角ながら、少し外側によれたケンショー君、
それに対してコース端に沿ってまっすぐ走ったシセ君が前に出る。
第2コーナーでインの隙を狙うケンショー君。
しかしそこはシセ君もラインを乱さずインには入れさせません。
逃げるシセ君、猛追するケンショー君。
しかし、最後は下りで差を広げ、逃げ切ったシセ君、A決勝優勝です!おめでとう!!
惜しくも今回は敗れたケンショー君。それでもA決勝準優勝です。おめでとう!
見ごたえあるレース、同じチームとして二人を応援しながら
一緒に喜ばせてもらえるサンダーズのご縁に感謝です。


さぁ 次はS-Cupファイナルラウンド。
シセ君はこの勝利を自信に、ケンショー君はこの悔しさをバネに
また一段と強くなってくれることでしょう。本当に今から楽しみです。


表彰式
3歳クラス B決勝 優勝 あらちゃん

3歳クラス A決勝 優勝 おりょうちゃん

5.6歳クラス A決勝優勝   シセ君
5.6歳クラス A決勝準優勝 ケンショー君

↑ワタクシが撮影しましたが・・・以後定位置で撮るように致します。。。
段々小さなっとるやないか・・・_| ̄|○))ペコペコペコペコペコペコペコ 
なぜ遠慮したんでしょう・・・次回からは老いて得たパワー剥き出してベストショット頑張ります!

さて、応援団の皆様。
寒い朝から暖かい(=並走応援には暑い)この日、
2歳児から皆今日も沢山よく頑張って走りましたね!
筋肉痛は大丈夫ですか?靴は白くなりましたか?( ̄∇ ̄)ニヤッ


お父さん焼きもろこし美味しいよ

しかし今日一番走ったのは、実は
息子のレース併走×2回と第3コーナー誘導担当=いっちゃんパパ
だったのではないでしょうか?!
ストライダー2レース目!お疲れお疲れー
本人曰く「僕は病弱」ぅおい!・・・大丈夫かーーーー
皆様お疲れ様でしたあああああぁぁぁ!

2012年11月23日金曜日

トモミ堂さんの写真販売は11/30までです


もうすぐ閉幕して一ヶ月経っちゃっうサンダーズカップ
感動よ永遠なれ!

踊る雨粒 光る路面 見逃した真実
あのレースより進化していた我が子の力走、
美しい感動シーンはトモミ堂にて11/30まで販売中っっ
見ごたえのストップモーション、コレがプロの写真だ☆
驚きのTOP VALUE!ぬわんとLサイズ1枚100円です!

https://phst.jp/tomomido/home/index.html


2012年11月21日水曜日

ウィンターデザイン人気総選挙!

昨冬は・・・サンダーズTの中にもこもこと防寒着を着込み
ぱっつんぱつんな状態で「やれ走れーもっと足を動かせー」なんてやっておりましたが
今年は、ウィンターシーズン到来において、ひゅーひゅーちべたい北風から身を守る
防寒着を作りたい!てなご意見を頂きまして・・・熟考っっ!!
さんざん悩んだ挙句、まずは ワッペン♡♡♡ を作ろうじゃないか、
という運びになりました。誰用の何に使うのか、は次の問題ですっっ(笑)

どーせならば迫り来る12/9ファイナルラウンドで付けたい!って事で
毎度ながら急で申し訳ありませんが、
11/23(金)20時までに、この記事コメント欄に
全メンバーの父母が投票してください。
投票方法は、11軒 各家のパパママ各自が2票ずつ保持。ご夫妻で4票デス。
6つのイメージ案から2つを決めて この投稿のコメント欄に記入してください。
尚、2票を1イメージに投票する事は認められません。
同票の場合は決選投票とします。
また、「SAMPLE」文字は無いものとしてイメージしてください。
ちょっと憧れて(?)やってみたんです(笑)

尚、ワッペンという関係上、選挙後デザインが若干変更する可能性があります。
(刺繍ワッペンの場合、細かいところが再現できるか?!)
なのでお気に入りのデザインの絶対残して欲しい部分があれば言ってください。

どんな素材のワッペンか(刺繍かプリントワッペンか)、
それを選手お揃いの何にどんなサイズでどこに付けるのか、
ダウンかダウンベストかパーカかスウェットか、
親はドースルのか?
はたまたワッペンで無く違う何かにしちゃうのか?
詳細は現在未定!(がーん)
てな訳で、まずはウィンターデザイン人気選挙でございます!

とりあえず、選手に着せるものにつけるでお考えください。

【投票例】
○○ちゃんパパ:①②
○○ちゃんママ:②④
このご夫妻では②が2票獲得です。

-------------------------------------------
①黄ITロゴ
Tシャツと同じ。皆様におなじみのデザインです

②黒ITロゴ
これは変わった形でしょ!
③ストライダー
④サンダクレール
高級ダウンロゴに酷似してる?!大人も使えるデザインです
⑤雪だるま
バケツになっちゃいました
⑥紅い稲妻!

STRIDER CUP 九州ラウンド 試合結果

この日チームに勢いを付けたのは、紛れもなく総合コーチである
このです

4-5歳クラスが始まる前に行われたイベント
スーパーストライダーのレース

予選のタイムトライアルを勝ち抜いた
パパさん8名・ママさん8名の精鋭達が本戦出場

右を見ても、左を見ても猛者ばかり・・・

総合コーチの頑張って走る姿を見て
サンダーズの選手3名はかなり影響されたはず・・・??

総合コーチもきっちり結果を残してきました。

この詳細はブログの最後で

===============================

今回のエントリーは
4-5歳クラスのみ

ケンショウ選手・シセ選手・イサキ選手の3名

この日もチームの為に
本当に頑張って走ってくれました。

【予選】
2組目
シセ選手

課題のスタートさえクリア出来れば負ける事はないでしょう。
同組で警戒するは、FICUSダイチ選手とKamikaze Kidsユウキ選手
予選通過は2名

先週の鈴鹿で一皮むけたシセ選手の走り
ご覧下さい

この厳しい組で堂々の1位通過
優しいシセ選手
走り自体は皆さんもご存知トップクラスです。
しかし、レース状況によってたまに出てしまう譲る君
この譲る君が邪魔をして、なかなか思う結果が出ませんでしたが、

前回の名古屋ラウンドの走り、今回の予選のレースを終え確定いたしました。

シセ選手も
「予選から当たると嫌な選手」の仲間入りです。
おめでとうございます。

6組目
イサキ選手
最若4歳児は相手を気にせず一生懸命走る事が一番の課題

最近は5歳児をやたらと気にし、弱気になるイサキ選手

前日走行も日が暮れる時間まで走り込み
この日の練習走行も試合前にも関わらず
何回も何回も不安解消の為コースを試走

これ以上走らせると、試合に支障が出ると思いストップをかけますが

もう一回、もう一回と、
勝つため相当頑張って練習している姿が印象的でした。

イサキ選手の予選

頑張って走りきり1位通過
しかし、タイム的には・・・
準決勝に不安が残る走りとなりました。


10組目

ケンショウ選手

宝のタクマ選手と激突
絶対に負けられない一戦
ここで勝って勢いに乗りたい


今回もスタート後の直線でほぼ勝負が決まるコースだけに、
スタートダッシュが重要

スタートも決まり予想通りタクマ選手との一騎討ち

ケンショウ選手に軍配あり


サンダーズ選手3選手共に予選1位通過の準決勝進出

ちなみにの話
チームに勢いを付けたのは

です。

【準決勝】

ここからが本当の戦い

3組に分かれて上位6人がファイナル
内、上位3人が1列目残りが2列目スタート

重要なレースとなります

上手い具合に3選手が分かれての組合せ

1組目
ケンショウ選手

同組にはシオン選手

レディ セット ゴー



シオン選手に食らいついて行きますが
惜しくも2位
しかし、ファイナル1列目スタート

2組目
シセ選手

出場メンバーを見るだけでも激戦であることが確認できます
ここは何としても勝ちたい

レディ セット ゴー



スタートが若干遅れたか??
これが凶・・・

まさかの譲る君でなかなかトップスピードが出ずに
我慢のレース

レース途中まで5番手・・・

決勝は見えてましたが
1列目スタートと2列目スタートでは大違い

追い抜くチャンスを伺いますが
このコースもそう簡単に追い抜けるコースではありません。

最後のセッションでのストレートで勝負をかけました。

3番手の選手が転倒
その横を上手くすり抜け
どうにか3位でゴール

コース選択が良かったです
一つ間違えると準決勝敗退の危機も・・・

シセ選手もファイナル1列目スタート

3組目
イサキ選手

イサキ選手の予選のタイムではファイナルを目指すのは厳しいか・・・

しかし、ここでライバルのFICUSタクミ選手と対決
予選のタクミ選手は驚異的なタイムで予選1位通過

そのタクミ選手と競い合えばファイナルも見えてくるはず・・・

レディ セット ゴー



お互い意識し過ぎで、二人の世界で勝負をしてます。
この相乗効果が良い結果へ行けば良かったのですが・・・
見るからに今回は悪い結果へ・・・

私も最後のセッションの手前で動揺隠せず
ビデオの電源をオフにする大失態
専属カメラマンとして自分自身もメンタル強化をしなくてはいけないと・・・

結果は8位と・・・

今年出場予定の大会
残すは2戦
STRIDER CUPファイナルと第3回WJRCは
所要のため応援に行けない私は

イサキ選手の悔いの残るレースを見届けた所で
2012年のストライダーライフが終わると言う悲しい結果
いいイサキ選手を見て終わりたかった(涙)
ここ2日間夢でうなされる始末


実力で勝ち抜いたケンショウ選手とシセ選手
運で勝ち上がったイサキ選手
結果に大きな差が出ました。

実力で勝てる選手
「予選で当たると嫌な選手」になってもらいたいです。

【決勝】

ケンショウ選手・シセ選手共にいいグリッドからのスタート
ファイナル1列目の顔ぶれはもうお馴染み

誰が勝ってもおかしくない
そんな名実共に兼ね備わったトップ選手達が集う
九州ラウンドファイナル

レディ セット ゴー





今度はシセ選手スタートダッシュ成功で、2番手か3番手
逆にケンショウ選手完全に出遅れ5番手

ここからがケンショウ選手の凄いところです
何がすごいか・・・??

判断力が凄かった

このままリツ選手の後方について走っていても追い越してもアウト側と判断した途端に
己が決めていた行べきラインを諦め
リツ選手のイン側にコースを変更

これが大正解
空いたスペースに飛び込むのはケンショウ選手の18番

あの東北ラウンドを彷彿させる第1コーナーへの飛び込み

今回の絶妙かつ大胆に攻めたケンショウ選手の技術の高い走りを見て
鳥肌が立ちました

いやっ

サブイボが出ました。

その後はシオン選手をロックオンし、追いかけますが、
簡単に追いつける相手ではなく

ケンショウ選手第2位

シセ選手も3番手を狙い必死に食らいついて行きます。
シセ選手はSTRIDER CUP最高位の第5位の成績

本当に素晴らしい走り
素晴らしい結果を残してくれました。

【表彰式】

九州ラウンド第2位
ケンショウ選手


今回は特別にシャンパンファイトも特別に


ケンショウ選手・・・
やり慣れてるはずのシャンパンファイト
全部帽子のツバにかかると言うハプニング

ケンショウ選手
本当におめでとうございます。

残るSTRIDER CUPも残すところ後1戦

ケンショウ選手
名古屋ラウンド第3位
九州ラウンド 第2位

ときたら、残す取るべき椅子は1つのみ


シセ選手も今回のラウンドでかなりの手応えを感じたはず

彼もまた、表彰台に手が届くところまできております。

ファイナルラウンドが本当に楽しみでした(涙)

===============================

【子供たちが見ていた世界・・・】

冒頭にもお伝え致しました通り

予選のタイムトライアルを勝ち抜き
スーパーストライダーの本戦に出場して参りました。

今回、九州ラウンド参加の本当の目的はこのスーパーストライダーへの出場のため
我が子のレースは二の次

先週の鈴鹿でのスーパーストライダー試乗会
ケンショウの兄のカイと二人で子供の様にはしゃぎながら
練習しており、手応えは感じておりました。

本戦での1戦目上位1位がファイナルへ

って厳しくねぇ~??

同組にはタイムトライアル1位通過のタイログ選手(カープっこ)と
東北ラウンドチャンピオンのたけず選手(green leaves)

相手にとって不足はなし

初レース
緊張のスタート
レディ セット ゴー


映像で自分のスタートスタイルを確認したんですが
全然でした
私のイメージ的には
大人ストライダープロフェショナルのアラタパパの
驚異的に速いスタートをイメージしてたんですが

私にはイメージしていた「ざわ~んダッシュ」が全く出来ていませんでした。

しかし、底なしの体力と強靭な忍耐力とユーモラスな走りで
トップのタイログ選手を抜かし1位通過

続いて決勝
男女混合レース+絶対王者のリュウノスケ選手とまさかの勝負

ファイナリストのパパさん2名はスタート後の5秒後からのスタート

やるからには頂きを目指します。


スタート失敗
ではなく・・・
マシーンに不具合(言い訳ではなく負け惜しみです)

予選のマシーンは奇跡的にハンドルとサドルのポジショニングが一致し
人車一体となり勝てました。

決勝もゲン担ぎに同じマシーンを選択
しかし、いざ走り出したら
「さっきと違うやん・・・」とツッコミたくなるような
マシーンの変わりよう
勝負を諦めかけましたが
それでは応援してくれてる皆さんに示しがつかないと・・・

ビデオに最後の驚異の走りが写っているかと楽しみにしてたんですが

残念ながら写っていませんでした。

あの後がホンマにすごかったんです
セッションに猛スピードでツッコミ大ジャンプ
そのまま2つ目のセッションも飛び越え
ゴールラインのK点着地でゴール


結果は一人抜いて第3位でした。

サンダーズのパパさん方へ
私は劇戦タイムトライアルを勝ち抜いて
本戦できっちり結果を残しました。

次はあなたたちの番です。
是非、是非とも
WJRCのバギークロス大会で表彰台に上がって来てください。
もし誰も表彰台に上れなかった場合は罰ゲームが待ってます


スーパーストライダーを通じて
戦友達と子供たちに負けないガチの勝負を身をもって体験してきました。

そこで私が見たもの、また感じたこと・・・

今回、本戦は本コースでのレースとなりました


子供たちは大会に参加する中で、どういったものを見て、どういったことを感じ
どういったことを経験しているのだろうかと
私は子供と同じ目線でレースに参戦しました

スタート台から見える観客の姿と応援とカウベルの音

スタート前の緊張感とレースへの不安

シゲちさんの選手紹介に対する返事パフォーマンスのボルトはスベっていないかの
観客の反応の確認(リツパパと一瞬目があった気がしたんですが気まずそうに目を
そらされました・・・ってスベっとんやないか汗)

レディ セット ゴーのスタート合図の一瞬の静まりと極限の集中力

スタートダッシュ

レース

そして、1番になる喜び

また、負けた悔しさ



こんな貴重な本当に素晴らしい経験している
ストライダーキッズたちは本当に幸せ者だと感じました。

勝ち負けでなく、あの雰囲気で勝負が出来る幸せ

今までは親のエゴでは??と感じたこともありましたが
そんなことは一切ございませんでした。

むしろ、無理やりにでもあの舞台に立たすべし
だと、豪語してもいいでしょう

今回本当に貴重な体験ができ
また、子供たちが見ていたものを見た以上
今以上にストライダーの奥深さを知ることができたと感じております。

ちなみにのお話第二段

これは、人にもよるとは思うんですが・・・
私は走っていた最中は
風になっていたためか
周りの声援は一切耳に入ってきませんでした。

===============================
最後に

我が子が大事なレースを控え、レース前のメンタルケアーや次のレースの確認等
するべき事が沢山あるにも関わらず、イサキのスタート補助についていただき
さらに、不安なイサキを励ましてくださったケンショウパパ本当にありがとうございました。
また、チームの皆様方
一人でいることが多かったイサキ選手を
気にかけていただきまして本当にありがとうございました。

2012年11月18日日曜日

STRIDER-1 鈴鹿ったどころか寒すGiっPu

あ、まずこれは「番外編」でっす!
  メンバーの皆へ!怒っちゃやーよ!ベンベン!!
  その他の方々もSUZUKAド素人探訪に寛容を合言葉に!
を大前提とさせて頂き、ワタクシ個人目線で記憶の限りな番外編ですので
軽いホワッホワ~な気持ちで読んでくだチャイ!よろPく!でへっ(*Ő౪Ő*) 

-------------------------------------------

乗り込んじゃったよ モータースポーツの聖地 SUZUKA!
真の凄さを知らないワタクシにゃ楽しそうな遊園地。
幼児から結構いろんな乗り物乗れますよ~てなメンバー体験談を聞きながら
なぜ遊具で遊べないのだ、といったあらちゃんからの苦情や、
  (「明日晴れてたらねぇ」なんて雨予報を知った上でかわす)
一瞬の迷子者を出しながら、
  (日曜日のことです。一度通った道覚えたか~賢いねぇっ
   ・・・て!先に会場入りしてたんですよぉ、おりょうちゃん行きすぎ行きすぎ)
広い園内、駐車場から会場まで・・・遠お!などとほざきつつ
わいわい大荷物で乗り込んでゆきました。
会場のすぐ隣でバイクのレースが開催されていて、かっこよい爆音轟かせ
天高くパノラマビジョンなど見上げたワタクシは
嗚呼 ここはSUZUKAなんだなぁ と思いました。 (o゚▽゚)o゚▽゚)o゚▽゚)o

このSUZUKA GPですが、なぁんもわかってねぇ初心者目線ですと、
実力差はまぁ当然あるのでしょうが、一緒に走るライバル運やグリッドの内外運も
大きく影響を与えるレースなのかなとの印象を受けました。

また平日練習で、直前に声マネで練習した(赤恥)シグナルスタートも
イチオ?対応出来たんか???((●≧艸≦)プププッ プーン(?)なのでよかった?です。(違)

グリッド決めレースや決勝のルマン式スタート、
その前の予選結果が全てかっちゅう位スタート位置に響きますが(最大30m差?!)
あれを体験できた事がすごい経験なのだよね!
胸張っていいんでしょ??
ライダー達が走ってマイストライダーに乗りに行く姿、きゃわゆい&かっこよいので
人が多くってよく見えなかったのがちびり残念でした。
なんしか体験できた事が感想言えることが幸せな事なんだよねぇ。
カスタムってこの為にしていたんだねぇ(違)

-------------------------------------------

さて、土曜日。障害物レース。

最終障害「HELL STICK」・・・あれの早い渡り方ってドウナノデショ。
前輪ヨッコイショ系??
ともかく予選2位までと敗者復活1位通過が決勝進出ですぜ。う~ん キビシー

バッツ・・・なんとまぁ、この日は参加したサンダーズ全員が決勝に出られました
ひゃっほぅ♪すごーいすごい!みぃんなルマン式初体験!ヽ(* ̄- ̄)( ̄- ̄*)ノ
全国からの猛者に、早々になぎ倒され
予選敗退、がっくし・・・あるな ( ̄∇ ̄+) と覚悟していたので本当に嬉しかったとです。

3歳クラス。

おりょうちゃんはお見事予選2位通過!厳しい組をすり抜けました!
その他のゆーと、あらちゃん、そーちゃんは敗者復活通過組!
彼らはそれが いやぁ熱かったネ!手に汗握ったね(笑)

特にそーちゃんの敗者復活。コース内側から皆次々と、そーちゃんと並走し
そーちゃんがそれに応えるかのように頑張って駆け抜けて、の一位!
まこっちゃんのニコニコ垂れたお目目見てて嬉しかったねぇ。
「ソーダイがみんなと一緒に、決勝に並んでいるのが嬉しいです」なんて、控えめコメント!
そしてそーちゃん、ご褒美にカキ氷イチゴ味食べる食べる!(寒ない?!)

たくさん決勝進出者が出た為に
発表のあったおりょうちゃん以外の着順が全くわかりません!(>人<;)
とにかく!おりょうちゃん8位入賞オメデトウゴザイマス!
やっぱしちみは速いなぁ!

4・5歳クラス。

最若いさくん。NEWヘルメットで登場。
ワタクシ的意見ですけど、年少さんに2周は長いなぁ、と甘甘親心。
速いお兄ちゃん達に揉まれても、それでも頑張るいさくん!
予選1位通過で決勝に期待しちゃいましたが、一つ目の障害物でまさかの転倒!!
あの障害物を攻略すれば、凸山を作れば、いさくんの涙が無かったのか?!
はっ 今回は写真撮ってない!!(また作る気?!いやいやーノシ・ω・)

土日二日とも、シセ君は対戦相手がずっと強豪でした。
加えて彼は心優しい譲君。当たりそうになるとスピードダウン。。。くぅぅぅ
とっても残念残念です。でも敗者復活では本領発揮!
第一コーナーを曲がり終えるとすぐインコース側に巧く車線変更、
前者の転倒にも巻き込まれず後続を大きく引き離してのV。
伸びるシセ、とっても気持ちよかった♪

この日のケンショーくんは、結果3位!
決勝、SUZUKA MOUNTAINまで4番手でしたが、
そこで前走する3番手とバックマーカーを
SUZUKA MOUNTAINで、より狭い内側から抜き去り見事3位。
優勝とはいかなかったものの粘り強さを見せ付けました!
走ってない時は本当に優しく可愛らしい弟・ケンチャン♡なんだよぉ
3位入賞オメデトウゴザイマス!

-------------------------------------------

続いて日曜日。東西に分かれてのスプリントレース。
予選1位と敗者復活1位通過が決勝進出ですぜ。う~ん・・・またまたキビシー

この日はむちゃくちゃ荒天。ユアマソーソー♪・・・嵐です
フリー走行はなくなって、時間も早まりましたが
中断せずグリッド決めレースもよくヤリキッタネって感じです。

人生初の鈴鹿颪の風雨に、キャメラもベデオもたまったもんじゃありません。
タープも午後にはほぼ全部なくなってたし、
傘はひっくり返るし 飛ばされない様に持ってても折れるし、
参加者全員が建物に避難してるでしょ?ってくらい寒いし本当に大変でした。
出場するライダーも コース脇の応援団も、
服があんなに濡れてこんなけ寒いのになんで屋外にいるんだ、
Gパンは膝下から、足の甲に当たった雨で靴下までびちゃ濡れ・・・・・・きー(寒怒)
て、全員が思ったはずです。

そんな中、誰ですか!ベデオキャメラを覆うペットボトルみたいな専用カバーかけて
Gパン膝までまくってカッパ着て撮影してたのは!・・・シセパパ!ナイスガッツ!
レース動画うまく撮れてたら是非是非に分けてください!
それで野鳥の会やって戦歴更新しますカラ!!!(分からなくって大汗)

で、2歳クラス。

今日が初レース、いっちゃんゴードン様のお通りだーーどいたどいたー
平日練習で最近めきめきと走力アップ、力強い走りを見せてくれるいっちゃん。
応援団到着が寸でで間に合わずでしたが難なく予選見事1着V!!
パパもアメニモマケズ、並走して頑張って走ってたね!
初勝利にいっちゃんママのレース熱に火がついたとか?!やんややんや♪
決勝ではワタクシの応援に「あぁ見たことある顔だー」という脇見運転で転倒!
・・・本当に、申し訳ありませんっっっ!!!!!
それでも起き上がり、雨のど根性を見せてくれました。かっこよかったよぉ
たぶん中盤でゴールインm(‗ ‗;)m!

初レース初決勝初完走、すべてやり切りました!!

3歳クラス。

昨日よい走りを見せたそーちゃん・・・昨晩からにゃんと発熱!!
京都と違う鈴鹿の気候?ルマン式に知恵熱??・・・はっ かき氷だぁあああ。
本人の希望によりなんとか予選に出場しますが一着ならず。。。
冷たい風雨ですし大事をとってここでリタイアとなりました。

ゆーと、あらちゃん、おりょうちゃんは敗者復活からの決勝進出がでけました。

ゆーとの敗者復活はゴール直前2~3mで差し切りました!
諦めないド根性見せてもらいました!
応援団の会話「どっちやった?!」「ゆーといったっしょ!」
最後まで「粘れ―」って気持ちでしたから、1位ホント嬉しかったです!!
ハイチュウをどんなけぇってくらい食べまくり、
パンダ柄カラータイツも何足持ってるんだーーな差し切りBOYです(笑)!
グリッド決定レースは仲良くあらちゃんと並んでゴールイン♪
決勝はご機嫌にニコニコ完走♪10番台??かな??
 (ゆーとパパ、貼るカイロ本当にありがとうございました!何人も救われた!)

あらちゃんの敗者復活は・・・アウトスタートでスタートからずっと2番手。
最終コーナー、インをついて見事抜き去り1着に!
決勝は・・・ありゃりゃ走る前から泣いてるぞ。
聞けばスタート直前に、ましゃかでお釈迦のお昼寝モード突入(ガーン)
ゆーとからハイチュウをもらい口を動かして、
iPhoneでチャギントンなど見せてなんとか起こしていようと試みましたが、
ぎゃー見てたのにウトウトしてるーーーウィルソン頼むーーー
てな訳で号泣決勝は泣きながら完走→終わって寝る。
順位は10番台??だったんかな??(希望)

あら?
すいすい~とキモチヨーク敗者復活を果たしたおりょうちゃんはどこだ??
ぎゃっ、めっちゃご機嫌斜めだ、泣いてる泣いてる。
・・・ナニナニ??「耳が痛い」とな。
パパママ随分説得して得た答えが「あと一回だけなら走る」
・・・次はグリッド決定レースですよ、ね・・・では決勝は・・・(涙涙)
なんとか出走したグリッド決定レースも、ずぅぅっと泣いてますし、
いつも真面目なおりょうちゃん、嘘ついて泣き続けるなんてありえません。
やむ終えないとここでリタイア。そしておりょうちゃんは眠りに落ちたのでした。
進出できたのに走れなかった決勝(>‗<)
体調よかったら昨日同様10位内入賞を果たしていただろうに残念でした。

鈴鹿颪にサンダーズ3歳児体力負けしちゃいまぴた。

4・5歳クラス。

最若いさくん。予選はすっごい残念な2位!!!
敗者復活時はすごい風雨。
あの中を目を開けて走るだけでも本当に大変だったと思います。
この日は決勝進出ならずでしたが、次に繋がるレースだったと思います。
頑張れイサキ!

ケンショー君はまさかの予選3位。どうしたんだと一瞬心配になりました。
しかしそこはやはりケンショー君。
「僕は自分の為に走る、チームの為に走る」サムライ名言集にまた一言追加して
敗者復活戦までに見事調整、決勝進出を果たしました。

そしてこの日も前日同様、ていうかずーーーーっと対戦相手が有名実力者。
それでもシセ君は敗者から復活!
綺麗にロケットスタートが決まってどんどん後続を引き離す!決勝進出です。

二人が挑戦した決勝。
応援したワタクシが見たのは
5歳児であっても敗者復活位置からのスタートは大変なもので
さらに鈴鹿の洗礼、あの風雨の中走ることは大変なことで
スタートして私の前を走り去った二人ともが、
一周目から既に大変な形相でレースをしていたこと。目を細め辛そうに見えたこと。
それなのに二人の結果は驚異の10数人抜き!
どちらも表彰台には登れませんでしたが拍手喝さいもの、シビレました。

30m差も最年長クラスの実力者にはおっぱっぴ~凄かった!

-------------------------------------------

サンダーズ、こんな風に聖地、皆頑張ったんだよお、楽しんだよお

-------------------------------------------

            (すずしか)     (さむすぎっプ)
初めてのSTRIDER-1 鈴鹿ったどころか寒すGiっPu

サービスエリア、濡れたままでいるのは疲労したよ~~ひーんひーん(大人の話)
子供の着替えは持ってたが大人の着替えって皆用意してた?!

こんな文章で、今更更新、今更ジローで・・・サブイワタクシ
SC九州ラウンド帰路新幹線道中のお暇つぶしになったかしら??ぶひ
・・・許して~~ぎゃー逃げろー

2012年11月17日土曜日

STRIDER CUP 九州ラウンド

年内のSTRIDER CUPも残すところ残り2戦

関門海峡を渡ったストライダーカップは誰の手に・・・

今回のサンダーズの出場者は

4-5歳クラスから3名が出場

最初は
シセ選手

2組目に登場

同世代の強敵

FICUSダイチ選手とKamikaze Kidsのユウキ選手と激突

勝利の鍵はスタートダッシュ

スタートを決めて絶対勝つぞ

次は
イサキ選手

6組目に登場

他の組合せに比べて実力が拮抗しているこの組

誰が勝つか予想が出来ない6組目

年上には絶対負けないぞと、
強い気持ちと先週の反省を活かし予選突破を目指してほしい

最後は
ケンショウ選手

12組目の登場

予選からライバル、宝のタクマ選手と激突

STRIDER CUPのみでいえば、今回3度目
84362/1の確率で

ここで勝って、勢いに乗りたい。

以上3名

ケンショウ選手・シセ選手は表彰台を
イサキ選手は来年に繋がる走りを


 シセ選手
 ケンショウ選手
   
イサキ選手
今週は怒られずに済むか??

2012年11月14日水曜日

STRIDER-1 SUZUKA GP 試合結果

今週は張り切って鈴鹿に行って参りました。

その意気込みが、いつもは撮る事のない
朝一の選手達の集合写真です。
逆光写真から始まり




上手く撮れたと思えばケンショウ顔隠してるし





ボルトを要求すれば全く統一感のない選手達・・・

ちゃんとやっているのは、カイだけや・・・
(君は本当に偉い)

その後
この集合写真を撮ったカメラは2日間使われる事なくカバンに眠っていました。

って、この日はチームの名カメラマンに写真は託し、
私は、ビデオと、選手の結果に集中

のはずが・・・

一日目に、頭の中でメモっていたものがすべて
二日目の嵐の様な大雨で流れていってしまいました。

ので、2日分の結果を詳細しないといけないにも関わらず、

今回は簡潔かつ完結なブログを書きたいと思います。
(言葉遊びをして申し訳ございません。)

《一日目》

【3歳クラス】

激戦3歳クラス
この日も全国から多数集まってました。

ユウト選手
予選3位  
敗者復活を勝ち上がり、ファイナル出場

アラタ選手
予選同着で3位か4位
敗者復活を勝ち上がり、ファイナル出場

リョウマ選手予選2位
ファイナル出場

ソウダイ選手予選4位
敗者復活を勝ち上がり、ファイナル出場

と、全員がファイナルへ
全員が上がれる事が本当に素晴らしいです。

ファイナルでのグリッド決めレースで、
ユウト選手31番スタート
アラタ選手27番スタート
リョウマ選手13番スタート
ソウダイ選手27番スタート

初のルマン式スタートを体験
これが、一日目の障害物レースファイナルです。

順位は誰が何番か???
サンダーズの最高位は
リョウマ選手の8位でした。

残りの3選手の順位も
専属の野鳥の会にお願いしましたが、
順位確定できずでした。

しかし、選手一人一人が一つでも順位をあげようと、
前を向いて一生懸命走っていたので、
スタート時より順位をあげてのゴールであると
思います。

【4-5歳クラス】

このクラスも全国から強者達が集まっております。

ケンショウ選手予選1位

シセ選手
予選からシオン選手と対決
最後の障害物で3番手の選手に抜かれてしまい
予選3位
敗者復活では勝ち上がり、ファイナルへ

イサキ選手予選1位

グリッド決め
ケンショウ選手3番スタート
イサキ選手11番スタート
シセ選手30番スタート


今回の動画は非常に見にくい見憎い動画ですがご了承ください。


見事ケンショウ選手3位入賞

シセ選手もスタート時に比べて順位を上げました。

イサキ選手については残念過ぎる結果です。せっかくのチャンスを無駄にしました。
また、私のビデオカメラワークも
今回に限っては非常に残念なものになってしまいました。
鈴鹿での残念な親子共演(涙)

イサキ選手の転倒以降、かなりの動揺と情けない走りに怒り爆発・・・

今はどこを撮影すべきか
誰を撮影すべきかの判断さえ鈍る始末・・・

ケンショウファン・シセファンの方々、本当に申し訳ございません。

試合後は、人目をはばからず、周りの方々が引く位イサキ選手を怒りました。

レース途中で泣きながら走るなど、絶対に許せません
泣いて走っては、呼吸が乱れ、腹に力も入らず、
厳しい4-5歳クラスでは、一生懸命走れば
まだ、勝てるチャンスもありますが、
泣きながら走る時点で負けです。

一生懸命走ってないのと同等です。

負けたくないという悔しい気持ちは分かりますが・・・

年上にもまれ、強くなってもらいたいです。


ケンショウ選手
第3位
本当におめでとうございます。
(写真が・・・ない)

===============================

《二日目》

二日目は予想通りの天気・・・
サンダーズのパパママ達も
「雨の日のレースはサンダーズカップで経験してるし・・・」の強気の発言

しかし、この日は
頭の中でメモっていた、ブログ用に考えていた面白いネタが
すべて流れるほどの大雨でした。

【2歳クラス】

イオリ選手

レース初参戦が鈴鹿の大舞台・・・
しかもこの日の悪条件で
果たして2歳児がちゃんと走ってくれるのか・・・

の不安をよそに、彼は、早速結果を残してくれました。

一日目と違い、二日目の予選通過者はたったの一名・・・

そんな狭き門に挑み、初レースにも関わらず堂々の1位通過です。

すごいです

グリッド決めでは、8番手(だったと思います。)
ビデオを撮影しましたが、
カッパの色の黄色率が高すぎて、みんながサンダーズキッズに見えてしまい、
前日に続きカメラマン失格のレッテルを貼られそうな
ビデオカメラ担当大臣
この日も調子が悪かったです


ファイナルのルマン式スタートもやりきり
3レースすべて走りきりました。

これからが本当に楽しみな選手です
【3歳クラス】

劇戦3歳クラス・・・
この日の天気と同様大荒れのレース結果になりました。

狭き門に挑む未来のサンダーズを支える
ユウト選手・アラタ選手・リョウマ選手・ソウダイ選手全てが
予選での1位通過ならず・・・

非常に厳しい結果です。

敗者復活戦に全てを賭けるサンダーズキッズ

しかし、体調が優れないソウダイ選手は大事を取って、
ここで涙のリタイア・・・

敗者復活戦
残りの3選手が全て勝ち上がりファイナルへ

本当に素晴らしい結果です。

グリッド決めレースでは
2レース目で、ユウト選手が4番・アラタ選手は5番

体調不良から本来の走りができなかったリョウマ選手はグリッド決めレースには
どうにか出場出来たものの
ファイナルは大事を取ってリタイアしました。



ファイナルの動画です

二選手共に雨の中
悪条件の中頑張って走りきりました。

しかし、今回も色々勉強になる大会でした。
アラタ選手・リョウマ選手・ソウダイ選手の3選手は
日頃から走り込んでいることで、走り自体は上位選手にも劣らない走りをしてます。

トップスピードも引けをとらないでしょう

後は、いかに早い段階でトップスピードを出しレース出来るか・・・

まだまだ伸び盛り今後が楽しみです。

ユウト選手は今回のレースが3歳クラス最後

ワンランクアップの初戦は
STRIDER CUPのファイナルラウンドです

早速4-5歳クラスで挑戦します。


【4-5歳クラス】

予選から
組み合わせによっては速い選手が固まっている組もある中で

絶対奪わなければならない1位通過・・・

ここで大波乱・・・
ケンショウ選手まさかの予選3位

シセ選手昨日に続き、またもやシオン選手と対決も予選通過ならず

イサキ選手予選2位

この時点で、2歳クラスのイオリ選手の除き
サンダーズキッズ7名
全員が敗者復活へ・・・

重い空気が流れていました

そんな重い空気が漂う中
チームに勢いを付けてくれたのが
3歳クラスの3選手達でした。

この勢いに乗って
ケンショウ選手・シセ選手は当然敗者復活戦1位

イサキ選手もと行きたいところでしたが敗者復活戦4位

今まで、組合わせに助けられ、くじ運だけで勝ってきたイサキ選手でしたが
今回は5歳の壁を乗り越える事ができませんでした。

イサキ選手、予選・敗者復活と昨日の反省を踏まえ一生懸命走りました。
本人も相当悔しかったのか
自ら「もっともっと練習して速くなりたい」と
この言葉を聞き、
今日の負けを無駄にはしたくないと私も思い、
イサキ選手のメンタルケアーも含め
優しく、語るような口調と
励ましとやる気を出させるような言葉を・・・

前日のコワいパパさんはどこへやらとイサキ選手を労いました。

その後、レースが進むに連れて
ケンショウパパが私に非常に良い情報をくれました。

「イサキ君何でレース中泣いてたんですか??」と


イサキ君
集合~(怒)


話を元に戻して

グリット決めレースで

ケンショウ選手20番目スタート
シセ選手24番目スタート

STRIDER-1 SUZUKA GP
最高峰のファイナル

ご覧ください


?????
って3歳クラスファイナルに続き
今回もサンダーズ選手があんまり映ってないと文句を言われそうですが・・・

本当に申し訳ございませんでした。


レース終了後ケンショウ選手も元に駆け寄り肩をたたきました。
その時のケンショウ選手の
それはそれは悔しそうな泣き顔と疲れきった姿を目の当たりにし
久々に目頭が熱くなりました。

彼は本当に悔しかったと思います。
レースではその悔しさが走りに出てました。

彼の目には1・2位争いをしている
リツ選手・シオン選手しか写っていなかったかも知れません

彼は本気でライバル2人に追いつこうと、そして、追い抜こうとしていました。

本当に魂のこもった走りでした

その結果が

怒涛の15人抜き

20番目からのスタート
前走者は全国のトップライダー達ばかり
皆さんもご存知
そう簡単に追い抜かせれる相手ではございません。

大荒れの天気
大雨の中、また鈴鹿ストーム(てる流から引用)の中
黄色Tシャツのケンショウ選手が
稲妻のように
電光石火の如く
500Mのロングコースを駆け抜けてました

まさにチーム名であるサンダーズの名に相応しい男です。

結果は5位に終わりましたが、順位以上に素晴らしい結果だと思います。

シセ選手も負けてはいません。
赤い彗星は11人抜き
結果は13位です。(野鳥の会、計測済み)

シセ選手も、二日間予選でチャンピオンと対決のくじ運の悪さ+アウトグリッドからのスタート
29087/1の確率の運の悪さです。
彼の長身から繰り出す力強い走りは皆さまご存知
彼もまた、順位以上の結果を残したと思います。

【統括】

今回SUZUKA GPに初参戦し、
特にシビアな二日目のレース
組合せ・くじ運関係なく本当に速い者が頂けに立てるこの大会
また、一つのミスも気の緩みも絶対に許されないこの大会で

今回は苦杯をなめ、全く歯がたたなかった2008年世代の年少組が
来年は本気で頂きを目指しにくるでしょう。

この日魅せたリツ選手とシオン選手の紙一重の攻防戦
また、ケンショウ選手の様な魂のこもった走りを

来年この場所でリベンジを誓う年少組が
この日以上の闘いを見せてくれるはずです。

ぴんさんの素晴らしい言葉を使わせていただくなら

「Road to Suzuka's winner's podium」

この言葉を合い言葉に
一戦一戦無駄にすることなく
絶対的な実力・速さ・メンタルをつけて舞い戻ってくるでしょう

来年こそは鈴の鹿トロフィーを・・・・

===============================
最後に・・・

「頭の中のメモが雨で流れた」
と、言うクダリを今回は2回も、2回も使わせていただきました。


これは、今回のブログ大変やな~と思い悩んでいた私を見て
リョウパパが
「これ、あげるから使っていいよ・・・(関東弁風)」と、暖かい言葉をいただきまして、

せっかくのご好意を無視出来る訳がなく使わせていただきました。

本当にありがとうございました。




2012年11月8日木曜日

HIBIってナンデスカ

11/6平日練習です。
下半期から16:30スタートですが、終わる頃にはどっぷり真っ暗。すっかり夜。
当然公園には誰もいないし むちゃむっちゃ静かやし、
足の運びなんか当たり前に見えません!
シルエットも見えたり消えたり、遂に選手同士の衝突事故も起きちゃいました。

てな訳で、空いてるママは懐中電灯持って外灯係です。
「千と千尋・・・」銭婆のシーンでぴょんこぴょんこと飛び跳ねる外灯出てきましたね。
あんなイメージでしょうか(違)あの外灯に名前あるのかなぁ。

→30分後→

加えて・・・なぜか今週は子供たちのやる気がありません。ほわいほわい
てな訳で、足自慢の○ョウママがナマハゲ係(×子供を追い立てる役)をして下さいました。
頑張って何度も何度も声出しながら走ってくださいました。
久しぶりのランニングで・・・どうなったと思います?
ま・さ・か・NOーーーーーKOYUBIにHIBI!!
医者の固定のススメを断って湿布巻くって本当に大丈夫なん?!ぅおいっっ!!
鈴鹿で見かけたらどうか労わってください!そして皆無茶しないで!(願)

【い】

2012年11月6日火曜日

ThundersCUPインターネット写真販売のご案内

Thunders CUPから1週間あまりがたちましたが、皆様雨の中でのレースで
体調などいかがでしょうか?

関西ひよこライダーズカップがあったり、すでに気持ちは週末の鈴鹿S-1 GPだったりして、
すっかりThunders CUPのことも忘れかけた頃かと思いますが、
カメラのトモミ堂様にて撮影いただきました写真のインターネット販売が開始されました!

雨の中でも楽しそうに走るお子さんたちのたくさんの笑顔の写真がございます!
11月30日までの販売となっておりますので、皆様まずは一度ごらんになってください!
あの興奮再び!きっと楽しい、良い写真があるはず。

ご参加いただいた皆様には先ほどIDとパスワードをご連絡させていただきましたので、
届いてないぞー、と言う方はお手数ですが、ichi2thunders.cup@gmail.comまでご連絡お願いします。



これは最後に撮影した集合写真です。
当然ながら販売されるものは、もっと皆さんキレイに、かっこよく写ってますからご安心くださいネ!

2012年11月5日月曜日

第5回関西ひよこライダーズカップ 試合結果

いよいよやって来ました。
関西ひよこライダーズカップ

今回のコースはほんまに走りごたえがあった本格BMXコース

まずは、こんな素晴らしいコースを見つけた
関西ひよこの主催様に

あっぱれ


【2歳クラス】
セイタ選手登場
2歳クラス最終戦のセイタ選手
今日はどんなレースを見せてくれるのか??

予選通過を目指し、自然とチームみんなの応援にも熱が入ります。

スタートのスタンバイも手慣れたもの
もう心配する必要はございません。

予選C組
レディセットゴー





何故だ??何故スタートしない??
と、タイヤと板が引っかかっている様にも見えましたが??
気のせいでしょうか??

その後は水を得た魚の如くゴールに向かいましたが・・・

敗者復活で仕切り直しです。

敗者復活戦

応援組も秘策を出します。
ゴールまでの道のり途中、チャギントンのポスターを持った応援組が幾人

この道しるべを目標に走らせる作戦。

この日2つ目のあっぱれです。

「これで何か勝てる気がするぅ〜」
と詩吟風に

レディセットゴー



今日はスタート台と相性悪しか??
何か引っかかってる感が否めない

その後はチャギンドンに引き寄せらる様に走りますが、
スタートの遅れ取り戻せず。
(周りの応援にもご注目ください)

セイタ選手残念ながら予選敗退です。

【3歳クラス】

予選E組
同組でリョウマ選手・リク選手が登場

ここは、1・2フィニッシュが最高の形

狙って行きましょう

レディセットゴー


飛び出し抜群リク選手
それにいい形で着いて行くリョウマ選手
レース後半は、後者を引きつけない
2人だけの勝負

途中リョウマ選手がリク選手を抜き去り
リョウマ選手、リク選手の1・2フィニッシュです。

予選H組
アラタ選手
練習走行からスタート練習・コース取りと余念がありませんでした。

それもそのはず
一つのミスも許されない大事なレース

スタートが重要になりますが、アウトスタートをどうカバーするか・・・

レディセットゴー

スタートは悪くありませんが、運悪く砂場ゾーンにタイヤと足を取られタイムロス
それが響き
3番手で前者に食らいついて行きます。

途中、スタミナが切れたか??集中力が切れたか??

減速してしまいます。
普段から走りこんでいるので、スタミナ切れではありません。

アラタ選手自身も重々分かっている様子
本当に悔しそうでした。

その悔しさを敗者復活戦にぶつけるぞ

敗者復活戦
レディセットゴー

スタートもコース取りも申し分なし
第1コーナーを抜けた所で勝負あり
この走りを準決勝で

準決勝1組目

リョウマ選手・リク選手

準決勝はショートコース

スタートがかなり重要になってきます。

レディセットゴー



リョウマ選手2位・リク選手3位で決勝へ

準決勝2組目

決勝へは狭き門の上にショウトコースの短期決戦
実力者が揃います。
レディセットゴー

またまた、砂地に入りスピードダウン
しかし、アウトスタートのコース取りでは、どうしても砂地を通るのがベターコース
一つ目のコブまで3番争いで

4位か5位で決勝進出ならず

決勝

ファイナルに並ぶは年少クラスVS未就学クラス
未就学児のリョウマ選手・リク選手はどうにかしてでも上位に入りたい

レディセットゴー





両者完全にスタート遅れ
リョウマ選手はコーナー外側に追いやられかなり膨れてしまう痛恨のミス
リク選手は第2コーナーで転倒してしまいました。

出遅れた2人には集中力が残っておらず、いつもの走りとはほど遠く・・・

リョウマ選手4位
リク選手5位でゴール

【4歳クラス】

予選M組

早速ライバルのイチロ選手と対決

先週のTCでは惨敗
TCからひよこまでの1週間
リベンジすべきライバル達の名前を
呪文のように唱えてきました。
イサキ選手もこの日自分がすべきことが重々分かっていたはず

そんな大事な予選
イサキ選手はどんなレースをしてくれるのか?? 

レディセットゴー


3選手がスタートから飛び出します。
こうなればインが有利

1コーナーから2コーナーまでのイチロ選手との競り合いがたまりません

予選は1位通過


準決勝2組目

短期決戦のショートコースは瞬発力が勝負
短距離が弱いイサキ選手
多少の不安はあるものの条件は皆同じ

本当に一つのミスも許されません

レディセットゴー

今回もスタート成功
その後のコース取りもよく
この準決勝の短期決戦を制したのは本当に大きいです。
決勝へ


決勝戦

倒すべきライバルも順当に上がってきてます。

ボルトも決まり気合も入っています

緊張のファイナル

レディセットゴー




決勝もスタートが決まり飛び出します。
その後はいつも周りを気にしすぎるイサキ選手ですが
この日は本当に勝ちたい気持ちが前に向いていたと思います。

今回はインスタートの差で運良く勝つことが出来ました。


【5歳クラス】

予選R組

2週連続の優勝を狙うケンショウ選手

来週の鈴鹿を見据えたレースもしなければなりません

と、言う事で
総合コーチから課題を出すのなら
後者を引き寄せないダントツの走りでしょうか

レディセットゴー




コーチ的には満足な走りをしていたなとおもっていたのですが
ケンパパは納得いかずの表情でした。


決勝

警戒すべき相手はダイチ選手
先週のTCでも好タイムを出しているダイチ選手
負けられない闘い
レディセットゴー
 



若干スタートが遅れますが、脚力と足の回転でカバーし遅れを取り戻します

やはり飛び出したのはケンショウ選手とダイチ選手
一瞬並びかけますが、
そこからケンショウのスパート

予選より2秒半もタイムを縮める圧巻の走りです。



【表彰式】

先週のTCでは苦杯をなめたイサキ選手
見事リベンジを果たし初優勝

欲しかった関西ひよこのタイトルを手に入れることができました。
おめでとうございます。












ケンショウ選手
2週連続優勝
彼もまた、関西ひよこで優勝し関西に名を残す事が出来ました。
おめでとうございます。


































===============================

関西ひよこライダーズカップを開催していただきました関係者・スタッフの皆さま
今回も本当に素晴らしい大会でした。
また、本当におつかれさまでした
第6回を期待し楽しみにしております。

2012年11月3日土曜日

登龍門

明日は、私が登龍門と称する
第5回関西ひよこライダーズカップ

ここで表彰台に登ることが
関西で名を残す一番の近道

近道をしてまででも関西のストライダー界に名を残したい

明日は、脚に自信のあるキッズたちが「プラザ坂下」のコースに挑戦

ザンダーズからの刺客は

【5歳クラス】

2週連続のチャンピオンを狙うこの選手

しかし、関西ひよこライダーズカップは初出場

言うときますけど・・・
実績充分のケンショウ選手でも、
この大会で表彰台に登らないと
名は残せません。
有名にはなれません。

  
【4歳クラス】

先週のオンロードの悔しさはオフロードで

夏場抑えたTC表彰台3選手+恐竜カップチャンピオンにリベンジ

伸び盛りの4歳児
まだまだ、未知数な選手も多数警戒すべき

鼻っ頭を折られた勘違い天狗野郎イサキ選手の明日の走りはいかに・・・


【3歳クラス】

今回も予選から厳しい組合せ

と、思っているのはパパ&ママだけ??

充分実力はあります。

激戦予選を勝ち抜けば初表彰台も夢じゃない

明日こそは狙うぜ

アラタ選手V


========================================

この選手もTC表彰台逃し組

2週連続の苦杯はもうごめん

お兄ちゃんには負けないぞの精神で頑張れリョウマ選手


=====================================

予選から同チームのライバルと激突

そろそろ、激戦3歳クラスで結果を出したいリク選手

あすのオフロードではどんな走りをするのか??


【2歳クラス】

階段は一段一段確実に上がるもんだと
いつも大会で教えてくれるセイタ選手

レースに参戦するごとに確実に成長してます。

2歳クラスラストMONTH
成長の成果を・・・・

========================================

明日も頑張れ

サンダーズキッズ

2012年11月2日金曜日

TC情報 最終号



このブログをThunders Cup情報の最終号として締めさせていただきます



まず初めに、

今大会の開催にあたり
関西ひよこの主催者様には多くのご支援をしていただきました。
本当にありがとうございました。

次に、大会運営・進行に関しまして他チームの皆様方にもお手伝いしていただきました。
本当にありがとうございました。

また、ボランティアで同志社女子大学の学生さんにもお忙しい中、そして雨の中
お手伝いしていただき、本当にありがとうございました。

最後に、我が子の応援やチームメンバーの応援を我慢して
一日中教習所内を縦横無尽に走り回っていただきまして本当にありがとうございました。


大会開催、言い出しっぺの私・・・
皆様方に何のお礼もなく遅くなりましたが、
この場をお借りして皆様方に
心から感謝いたしたいと思います。

本当にありがとうございました


私の思いつきと、安易な考えで開催が決定したThunders Cup

これほどまでにチームの皆様にご迷惑をおかけするとは思いませんでした。

しかし、代表は快く大会開催に賛成してくれました。

せっかくのTC
「今までになかった大会」をコンセプトに
私の考えは膨らむ一方

脳みそも筋肉で出来てるんでは??
と、疑われる位の根っからの体育会系の私・・・

その無理難題の提案、さらに困惑・混乱を招くような案も
すべて形に直してくれて大会に反映してくれた代表
今回の素晴らしい大会を開催出来たのは、代表のおかげです。

また、代表だけでなく、
サンダーズ運営委員一人ひとりが大会成功に向かってご尽力していただきました。
本当にありがとうございました。
ご協賛・ご協力していただいた企業様・団体様
本当にありがとうございました。
TCにご参加いただいた皆様方本当にありがとうございました。
MCの中西様
あなたは
私が参加したストライダー大会の中でもNO.1のMCでしょう。(保証します)
まさにMVM(モースト バリュアブル マスターオブセレモニー)です。
TCにふさわしい熱狂実況
本当にありがとうございました。
関西のストライダーを愛する皆様方

今後も
ライダー皆さんの良きライバル・良き友として
Ichi Thunders
をどうぞよろしくお願い致します。

本当の最後に
「1」
「2」
「3」




「ダ~ズ」


からの~



ウサイン・ボルト
ご観覧ありがとうございました。

ハッピーハロウィン

TC前後の平日練習は
どったばったんの忙しさ + 寒ぃ寒過ぎるぅぅぅぅぅぅっ 暗ぃ暗過ぎるぅぅぅぅぅっっ
どの子がどれでどこにいんねや??????
・・・ぎぇぇぇええええええ 、に加えて、
メンバーやそのキョウダイが風邪引いちゃったり、
若くないので親が寝ても寝ても泥になってもまだまだひつこく疲れていて
ちょいちょいお休みになってしまってます。

そんな中、重すぎる腰に腹巻やら巻いて防寒し(嘘ですヨ!)
10/31はなんとか練習に集まりました。

でもすぐ脱線!みんなで滑り台行っちゃう行っちゃう。
練習久しぶりやから?集まるのはおしくらまんじゅうって感じ???
なんかよぉわからんが坂も転がってました。



なんとか走らせてみても、、、、ムカッ・・・遅っ遅っ みんな遅すぎる!
当然ですが 寒くてかじかんで、早く走れないようです。
5本くらい走らせてやっとそれらしくなりました。
それでもベストタイムとはいきません。
子供のアップてどうやってやるんだ?!ちょっとやったらすぐ疲れるし。

10/31はハロウィンなので、ちょっとだけラムネを用意しました。
「「お菓子をくれなきゃイタヅラするぞ」と言ったらお菓子をあげます!」
と順番に並べて言わせてみましたが
やはり普段禁止されてますし、台詞も長いので
「イタヅラするぞ」だけ言わせてラムネをあげました。
順番に並んで「イタヅラするぞ」と言ってラムネをもらう。。。可愛いなぁ。

去年は去年で子供の乗り物のイルミネーションについて悩みましたが
今年もやはり何かしら光るものつけないと、これからの練習厳しそうです。

Thunders Cupムービーギャラリー パート2

「TCは皆さんに笑顔と感動を提供します。」

って何のキャッチフレーズだ??

と、言う訳で、パート2・・・

残念ながら、敗者復活は撮影できませんでした。
申し訳ございません。

ここに注目パート2

まずは、MCの実況に注目
これぞプロと言う実況が凄いです。

次の注目点は

TCに出場していたあの選手は

どんなレースをしたんだ??
どんな走りをしているんだ??
どんな勝ち方をしたんだ??
どんな負け方をしたんだ??

等々、気になる選手も要チェック

また、一つ一つのレースに
ドラマあり、感動あり、ライバル同士の火花ありと、
パート1と合せ、合計レース数45レース(敗者復活除く)全てをご覧ください。


これぞ、世界初
教習所を使用してのストライダーの大会です。


(見所・注目点も独自の見解で添えております。)

2010年クラス

予選1組目

一筋縄では行かない2歳児の走りに注目

予選3組目

直線コースでもなんのその
子供たちには見えないコースが見えるのか??
縦横無尽に走る2選手に注目

準決勝1組目

決勝に残る選手は誰だ??
ここまで来たら、選手ではなく
親の誘導に注目
上手に誘導された選手が勝つ



2009年クラス

予選1組目

2009年クラス開幕レース
この後のレースの基準になるのは誰だ??


予選2組目

実力・実績共にNO.1のタスク選手VSダークホース新星ソラ選手の対決に注目

予選3組目

関西ひよこチャンピオンの実績を誇るレオヤ選手・ルイキ選手VSアラタ選手に注目

予選4組目

ブレることなく真っ直ぐな線を書いたような走りコウキ選手に注目

予選5組目

関西のこの世代を引っ張る実力者
リュウダイ選手VSカズキ選手の対決に注目

予選6組目

カンタ選手VSリョウマ選手VSリンイチロウ選手の対決に注目


準々決勝1組目

スタート成功のルイキ選手VS実力者リンイチロウ選手に注目



準々決勝3組目

ナオキ選手の豪快な走りに注目



準々決勝4組目

リュウダイ選手に忍びよる影
サンダーズのアラタ選手・リョウマ選手2人の追撃に注目


準々決勝5組目

リョウマ選手VSカンタ選手のPradise kids対決に注目
最後の直線の競り合い
見ごたえあります


準決勝2組目

し烈な順位争いに注目
最後の直線で大ドンデン返し


準決勝3組目

後者を全く寄せ付けないカンタ選手の走りに注目
未就学児世代カンタ選手VSリョウマ選手の対決にも注目



2008年クラス

予選1組目

2008年クラス1組目から登場。帝王タクミ選手の走りに注目


これぞ帝王の走りです

予選3組目

ファイナリストのサクト選手とエイト選手の戦いに注目


予選4組目

スタートの遅れはハンデか??
スタート遅れを
ものともしないカイジ選手の走りに注目


予選5組目

雨のイチロここにあり。イチロ選手の走りに注目


準々決勝2組目

2008年世代ボーイズNO.1のタクミ選手VS2008年世代ガールズNO.1のサキ選手
軍配は??

準々決勝3組目

実力者二人の初対戦
イチロ選手VSカイジ選手
軍配は??

準決勝2組目

オフロードのジューキーズ生駒以来の対戦
イチロ選手VSイサキ選手
オンロードで勝つのはどっちだ??


2006-7年クラス

予選1回目1組目

TCこけら落としの開幕レースに勝つのは誰だ??


予選1回目2組目 

久々のガチンコレースの参戦
最年長モモカ選手のストレートに注目
その対抗馬の年中最速ガール モネ選手と
年中最強ガールカエミ選手にも注目
ガールズ主体レース
 

予選2回目2組目

予選1回目 トップ通過のココロ選手とモモカ選手が対戦

ストレートレースでは不本意な成績
もう後がないシセ選手の走りにも注目

予選2回目3組目

ライバル対決
ケンショウ選手VSタクマ選手
最後のストレート・・・
たまりません


準々決勝1組目

狭き門の予選を通過した選手達の本戦開始

最強ガールカエミ選手はいかにしてケンショウ選手を追い詰めるかに注目


準々決勝3組目

リク選手VSシセ選手
ココロ選手VSモネ選手
こうなったら、リクVSシセVSココロVSモネ??
最後のストレートの3選手の勝負
やば過ぎます。

準決勝1組目

この日初めてのケンショウ選手VSシセ選手のサンダーズ対決と
怒涛の追い上げを見せるリクト選手に注目

ガールズ特別レース
予想外に速すぎた2010年のガールズ2名の走りに注目
また、誰一人となく転倒せず、混戦の中素晴らしいハンドルさばきをする
ガールズひとりひとりに注目

ごちそうさまでした。

その他のレースはパート1にございます。
パート1もご覧下さい。