2012年10月31日水曜日

Thunders Cup ムービーギャラリー パート1

大会の雰囲気が最も伝わるのがフォトギャラリー

ですが、サンダーズはムービー好きという事で、

参加されていない全国のストライダー愛好家が
大会の雰囲気を最高に味わうには、やはり動画でしょう・・・

と、言うことで
TCは、フォトギャラリーではなく、
ムービーギャラリーと題しまして、

各世代の各ラウンドでのコースレコードを叩き出したレースを
ご紹介させていただきたいと思います。

これぞ、関西の各世代のトップ選手のレースです。

ご賞味ください・・・・

 ここで、お願い・・・
動画ご観覧の注意点といたしまして

私の持ち合わせている動体視力を最大限に発揮し、
何度も動画を見て、タイム計測いたしましたので、
99%の確率で正しいでしょう。

と、言うことで、このブログを観覧されている方は
疑念を抱いたとしても、
動画を目の前にしてストップウォッチを片手に観覧するのだけは
絶対にお辞めください

お願いします。


2010年クラス

予選2組目


直線50M  コースレコードタイム 15″71
ホダカ選手(Pradise kids)


準決勝2組目

コースレコードタイム 36″63
ホダカ選手(Pradise kids)


決勝

これが、本当に2歳児かと思わすような力強い走り
予選から決勝まで後者を寄せ付けない走り

さすがはSTRIDER CUP 名古屋ラウンドチャンピオン
納得の走りです。

コースレコードタイム 55″08
ホダカ選手(Pradise kids)
  
以下
ユウキ選手 106″84
マオ選手(KICK JOKER) 106″86



2009年クラス

予選7組目
直線80M コースレコードタイム 18″15
ツムグ選手(FICUS RACING)


準々決勝2組目

コースレコードタイム 43″12
ツムグ選手(FICUS RACING)


準決勝1組目
コースレコードタイム 41″90
ツムグ選手(FICUS RACING)
 
 
決勝


決勝レース注目すべきニュー選手が

黄色いヘルメットで存在感のあるソラ選手

選手の気分・気持ち・環境一つで勝者が変わるこの世代

誰が優勝するか分からない
誰が優勝してもおかしくない
ファイナリストもこの世代を代表する選手ばかり・・・
早速飛び出したのは黄色いヘルメットのソラ選手
それに着いていくのが同級生のリョウマ選手
(時期年少組世代もいい選手が沢山いますねぇ~)
2人の後ろに着くのはこの日絶好調のツムグ選手
まずは、1人抜き2つ目のS時に入る時にトップスピードに持っていき
インを突きトップに躍り出ます。
ツムグ選手はスピードを落とすことなくゴール

2位争いがし烈・・・
ソラ選手は逃げ切るも
リョウマ選手は捕まってしまい・・・
また、5位の番手から驚異の追い上げをしたカンタ選手が3位でした。




コースレコードタイム 100″36
ツムグ選手(FICUS RACING)
以下 
ソラ選手 104″89
カンタ選手(Pradise kids) 105″35
リョウマ選手(Ichi 2 Thunders) 107″03
リュウダイ選手(COSMO) 107″51
リンイチロウ選手(宝さがしの夜Jr.) 108″89
レオヤ選手(鹿ライダーズ) 110″00
カズキ選手(鹿ライダーズ) 113″09
 
 
 
2008年クラス
 
予選2組目
 


直線100M コースレコードタイム 20″89
サキ選手(Future Stars)
 
 
準々決勝1組目

コースレコードタイム 41″85
イサキ選手(Ichi 2 Thunders)
 
準決勝1組目
コースレコードタイム 39″43
タクミ選手(FICUS RACING)
 
 
決勝

このクラスは、次期4-5歳クラスでのチャンピオンを狙う世代
誰が優勝してもおかしくない、誰が優勝するかわからない
この決勝メンバー
各ラウンドでコースレコードを出した選手も全て違い
ミスが少ない選手が勝つ一戦
本当に楽しみな一戦です
(私的な私情入ってん違いますかって??)

一番最初に飛び出したのは、
私がオンロードの帝王と称するタクミ選手
それに着いていくのが実力者のイチロ選手
タクミ選手はペースメーカーの如く、グングンスピードを上げ後者を引き離そうとしますが、
イチロ選手も負けていません
3・4番手争いはサキ選手とイサキ選手
一つ目のS字から二つ目のS字までの直線で壮絶な3位争い
しかし、カーブでサキ選手にコーナーに追いやられイサキ選手遅れます。
一瞬イサキ選手に抜かれたサキ選手が目を覚まします。
サキ選手はS字明けの直線でイチロ選手をロックオン
S字明けの直線では、上位4選手の差は均衡状態
詰まるわけでもなく、差がつく訳でもなく・・・
上位4選手の勝負は最後の坂道へ
タクミ選手坂道でもスピードが落ちることなく
貫禄のゴール
コースレコードタイム 54″54
タクミ選手(FICUS RACING)
以下
サキ選手(Future Stars) 56″26
イチロ選手(Pradise kids) 56″67
イサキ選手(Ichi 2 Thunders)  58″13
エイト選手(チームうつぼ)  104″21
サクト選手(niko niko)  105″82
カイジ選手(煌☆ライダーズ)  107″28
 
 
 
2006-7年クラス
 
予選1回目3組目
 
 
 
 
直線100M コースレコードタイム 18″02
ケンショウ(Ichi 2 Thunders)
 
予選2回目1組
コースレコードタイム 37″14
リクト選手(ちーむ4649)
 
 
準々決勝2組目
 
コースレコードタイム 36″43
ダイチ選手(FICUS RACING)
 
 
準決勝2組目
 
コースレコードタイム 36″33
ダイチ選手(FICUS RACING)
 
 
決勝
関西のトップ選手による最高峰のレースと言っても過言ではない
TCファイナル
この日は、ダイチ選手とリクト選手が不気味な存在
タイム的にも申し分ない成績で決勝まで上がってきてます。
しかし、この不気味な存在に立ち向かうのは
この日全て、トップ通過のケンショウ選手
一体どんなレースになるのでしょう・・・

 
スタート直後の明暗・・・
【明】抜群のロケットスタートを決めたのがリクト選手
この飛び出しは圧巻です
【暗】この日抜群の走りをしていたダイチ選手がスタート直後で接触転倒
このあとはレースに復帰できず・・・
この日の走りがあまりにも凄かっただけに、私も思わず天を仰ぎました。

このレベルのレースでは
ほんのちょっとのスタート遅れと操作ミス、そして判断ミスが命取り

スタートの課題は永遠の課題
安定したスタートではもはや勝てない・・・
100%のスタートダッシュがこのクラスで1番になるためには必要なのか・・・

飛び出したリクト選手を追うケンショウ選手
追い抜くタイミングを見計らいますが
そう簡単には抜かせません。
勝負どころを知っているケンショウ選手は我慢の走り
後方では、この日幾度となく対戦しているダブルタクマが3位争い

S字を抜けた所でケンショウ選手が勝負に出ます。
若干勝負をかけるのが早く感じましたが
S字を抜けてからゴールまでの走りは、スピードも落ちることなく、
またゴール後、頂上で止まることなく、坂の下まで走りきった、
ケンショウ選手の背中に哀愁さえただよいます。
(ゴール後のケンショウ選手を追ってみてください)

リクト選手は年中組戦士
黄金年中組世代にまた新たな刺客あり

2008年世代からすれば、目の上のたんこぶ

ちーむ4649のリクト&タクマは、今年の残り試合でも大暴れするでしょう。

 
コースレコードタイム 49″42
ケンショウ(Ichi 2 Thunders)
以下
リクト選手(ちーむ4649) 51″07
タクマ選手(ちーむ4649) 52″13
タクマ選手(宝さがしの夜Jr.) 53″56
モモカ選手(煌☆ライダーズ) 54″40
シセ選手(Ichi 2 Thunders) 55″47
ダイチ選手(FICUS RACING) 転倒棄権


以上を
各世代別のベストタイムレースを
パート1としてお届けします。

これらのレースの他にも
各世代の各ラウンドで
ドラマあり、手に汗握るレースがありましたので、
パート2として動画を全レースアップしますので、
お待ち下さい。

特に、2006-7年クラスはシビアな戦いでした。



 

Thunders Cup リザルト

お待たせ致しました。

まずは大会リザルト

2010年クラス



優勝 タツミ ホダカ 選手 (Pradise kids)

2位  フジタ ユウキ 選手 

3位 コタケ マオ 選手    (KICK JOKER)


2009年クラス

















優勝 ミヤウチ ツムグ 選手 (FICUS RACING)

2位 ヒロタ ソラ 選手

3位 イガラシ カンタ 選手 (Pradise kids)


2008年クラス






















優勝 アカホリ タクミ 選手 (FICUS RACING)

2位 フクヤマ サキ選手  (Future Stars)

3位 ワタナベ イチロ 選手 (Pradise kids)


2006‐7年クラス




















優勝 アオキ ケンショウ 選手 (Ichi 2 Thunders)

2位 アンドウ リクト 選手     (ちーむ 4649)

3位 ウチダ タクマ選手      (ちーむ 4649)


ガールズ特別レース






























優勝 コタケ マオ 選手【2010年クラス】 (KICK JOKER)

2位 タキガミ ナツ 選手【2010年クラス】 (Future Stars)

3位 フクヤマ サキ 選手【2008年クラス】 (Future Stars)

ガールズ特別レースチャンピオンのマオ選手の頭には、
女王の称号スワロフスキーティアラ


以上の結果となりました。
入賞された選手達、本当におめでとうございます。

2012年10月30日火曜日

TC 閉幕後のわすれもの

【1】忘れ物でス。

TC閉幕後 1点の忘れ物が見つかりました。
お心当たりのある方は ichi2thunders@gmail.com にメールをください。
11/30までは保管致しますが以降は処分させて頂きますのでご了承ください。

ミニーマウスのもこもこソックス 片足


【2】欠場選手のゼッケンだー

写真なんか入れて作っちゃったもんで、
閉幕したのに大会運営サイドが捨てられないキモチです!
001 MAKOTO
003 IORI
907 RYOUICHI
951 RYOTA

どこかのレースで出会えたら参加賞と共に是非お渡ししたい!
だって雨に濡れてないからジョワジョワしてなくて最高にいい出来のままだよ!
ゼッケンも記念品として欲しかったのに、ジョワジョワではなぁ。
午後は回復したとはいえこれだけは雨を恨むゼ。

ご希望の方は ichi2thunders@gmail.com にメールをください。
イチオこちらも11/30までとさせて頂きます。
うぇ!003 いっちゃんじゃん! 元気になった?!また渡すわ!

【3】今更。

TC開幕前にブログアップすべきだったガールズ特別のコースレイアウトです。
開催前に更新出来ず申し訳ありませんでした。

25名の女子全員が横一線でゴールして欲しい!くおー 願望がありましたが、
2010年クラスが予想以上に早く、
きゃわゆい2歳児の手中に、
スワロフスキーティアラ(本物志向)とガールズ最強(?)のタイトルが!
とぉにかぁく! 女王様!嫁に行くその日まで取っておいてね!!(切望)


【4】あれ?

そーいや、キララちゃん来てなかったね。
彼女は雨が大の苦手。なので残念でした☆★☆

【5】お詫びとお礼

今回TC開催にあたり、チームメンバーだけでなく
同志社女子大ボランティアやご参加下さった選手の親御さんが、
例えば スタート台係だったり ゴールの捕獲係だったり 移動係だったり、で
たくさんご助力頂いたと聞いております。
力及ばず申し訳ありませんでした。
チームメンバーは夫々各自の仕事を全うしましたが、そこに足りない部分がたくさんあり
助けて頂いたこと、本当に感謝しております。

また開幕が10分遅れた為に運営側が「あかん、日が暮れて真っ暗になる」と慌て
集合予定時間よりどんどんまいてまいて進行し
参加された皆さんにもそれが伝わった形となり動揺と疑問を感じられたかもしれません。
ルールやコースにも即答できず申し訳ありませんでした。

それでもなんとか閉幕できた事 本当に嬉しく思っています。

出場してくださった皆さん、ありがとうございました。
チームのみんな ありがとう。
来てくれた皆さん ありがとうございました。
助けてくださった皆さん ありがとうございましたありがとうございました。

TC ケーブルテレビ放送日のお知らせ

ずっとずぅぅぅとずぃぃぃとTC関連、毎度お馴染みではいけないのですが
直前連絡、申し訳ありません!(>人<;;)
ケーブルテレビの放送日、アシタッ!
見れる方、我が子がどこだか血眼になって探してチョ!そしてスイッチオン→録画だ!
見られない方、↑回してもらおう!

eo光テレビK-CATほっとニューーーーース!!
明日!!!10/31(水)AM11:30~


再放送も何度もあるからお見逃しなく!!
13:45~、16:15~、17:45~、19:15~、21:00~、23:00~

放送待ちしてる皆さんと、TCに携わった全てに皆さんにこの歌を贈ります。

「朝がくれば Tomorrow いい事があぁる Tomorrow 明日ぁ」
「夢見るだけで Tomorrow 辛い事も忘れるぅ みんなぁ」
「寂しくて ゆうつな日には 胸を張って 歌うーの OH~!」
「朝が来れば Tomorrow 涙の跡も 消えて行ぅくわ」

「Tomorrow Tomorrow I Love Ya Tomorrow 明日は 幸せ~」
「寂しくて ゆうつな日には 胸を張って 歌うーの~ OH!」
「待ってるだけで Tomorrow いい事がある Tomorrow きぃっと」

「Tomorrow Tomorrow I Love Ya Tomorrow 明日は 幸ぁせ~」
「Tomorrow Tomorrow I Love Ya Tomorrow 明日は 幸ぁーーせーーーーー」


でぇ?!何の歌かわからない?!まさか!
・・・むーじかるAnnieですが何か。

・・・とりっくおあとりーーーーと!

2012年10月29日月曜日

お礼申し上げます

昨日はお足元の悪い中
Ichi 2 Thunders主催の
Thunders Cupに参加していただき本当にありがとうございました。

皆様、事故なく無事家路に着けましたでしょうか??

皆様方、またはお子さん方の体調はいかがでしょうか??
 

ストライダーが大好きな、
多くの方々のご参加のおかげで、
素晴らしい大会を開催する事が出来ました。

参加された皆様方には、
サンダーズ大会運営委員一同
心から感謝致しております。

本当にありがとうございました。


2012年10月28日日曜日

山城教習所ではありません

国道24号線沿いの山城教習所ではありません!
サンダーズカップは山城田辺教習所です!
ご注意ください!
もし間違われてもお近くです!
諦めないで目的地変更願います!

いよいよです

いよいよその日がやって来ましたね。
でもナゼかこの日だけ雨の予報が…
しかし皆様の祈りが通じたのか少しは回復しつつあるようです。
何かと不慣れな点もあるかと思いますが、ご迷惑をおかけしないよう頑張りますのでよろしくお願いします。
お気をつけて起こし下さい。

尚、開門は7:50となっております。
会場内には入る事が出来ませんのでご了承の程よろしくお願い申し上げます。

2012年10月27日土曜日

TC 会場のご案内 (駐車場・テント設営・ブースなど)

間際も間際での更新、申し訳ありません。
TCにお越し頂き、安全にお楽しみ頂く為に必要かと思われる情報をお知らせ致します。

まずは教習所の外観です。
同志社大学側(東)から来られた場合は下図の通りカーブミラーで左折入場して下さい。
(※写真1~4というのはさらに下にゴザイマス「ブース図」と併せてご覧下さい。)

駐車スペースは下図の通りです。
右折 して頂いて道なりに、一番奥から駐車して頂きます。
チェッカーフラッグを振る(笑)誘導員の指示に従って下さい。


「ブース図」です。
雨天の場合、ブースが建物側に後退し、
教習車に乗り込む大きな屋根が皆さんの雨除けになればなと思います。


今回TC開催の為に特別に教習所をご提供頂いておりますが、
建物や教習車などのすべてが日々の活動に使用されており、
また幼児たちの安全面からも、いくつか注意して頂きたい事がございます。
下図にてご案内申し上げますので、レースやそれ以外の時にも
お子様から目を離されません様、くれぐれも宜しくお願い申し上げます。


2012年10月25日木曜日

協賛企業のご案内 9 (ムラサキスポーツ様)

ムラサキスポーツ


半年前にグランドオープン!さらに使いやすく拡がった
イオンモール久御山店にございます、
アクションスポーツ&ファッション、サーフィン、スノーボード、スケートボード商品の販売、
そしてそして・・・サンダーズメンバー募集ポスターが掲示されていた
ムラサキスポーツイオンモール久御山店様が

急なお願いにもかかわらず
★バスタオル12枚をご協賛くださいました!

入賞者賞品として使わせていただきます!
ご協賛くださり本当にありがとうございます。

協賛企業のご案内 8 (京田辺をこよなく愛する企業様)

㈱DMT様の呼びかけにより京田辺をこよなく愛する企業 様、
全9社が
京田辺を盛り上げてくれるなら!!という事で★協賛金をくださいました。

カークラブハロー
ユニオートプランニング
㈱光進
まえだ内装
UNIT
㈱カンサイロジック
REVE TRADING
中村商事

ご協賛くださり本当にありがとうございます。
皆さんに喜んでいただける大会目指して頑張ります!

・・・で、早速地元還元。
抽選会賞品に教習所近くで生産される

★「普賢寺米」30Kg(玄米)を購入いたしました。

今回は中でも、微生物利用の天王カルテック農法によるおいしい新米です。
抽選会、ママの心もゲットした?
すみません、玄米なので新鮮ですが、精米が必要です!

(↓10/25 17時追加)

さらに、かっこいいヘルメット欲しいなって事で
★2013モデル bernヘルメット 2個 追加購入!
  ・Gloss White Visor
  ・Gloss White Racing Stripe Visor
どんなシールを貼っても目立つホワイト!抽選会賞品です!



さらにさらに、お金が余りましたので入賞者用の靴も購入しました!
ストライダーやってると尋常でないほど磨り減ってすぐ駄目になるスニーカー!
それでも耐久性があって、やっぱし早くなる靴がよいって事で、今回はこの2種をご用意!


 1足目は★SUPERSTAR バネの力 を3足!
速く走れる≪パワーバネ≫搭載で大人気の本格キッズスニーカー
『スーパースター』2本バネタイプ! 
地面を踏み込む時にパワーを蓄積し蹴り出すと同時に
一気にそのパワーを推進力に変換するのが速さの秘密!!
またサニタイズAg加工により、銀の抗菌作用で臭いのもととなる菌をカット!
大き目のつまみのついた履き口はゴム紐+マジック式で楽々です。
サンダーズマークも入ってる♪(違!スーパースターマークでしょ)
こちらを2010クラスの入賞者に!



2足目はASICS TIGON レーザービーム を9足!
軽量化と通気性を追求した本格レーシングモデル
アシックスラインがカッコイー!!

ダッシュ時に力を発揮する構造になっているため、短距離走に最適!!
マジックテープとゴムひも採用で脱ぎ履き簡単、
イチロー選手の「レーザービーム」のように速く走れるスニーカーです。






(↓10/26 22時追加)

またカースタイル様より★ラジコン3台を頂きました!
男子ぃが喜ぶラジコンだぁよ~



・・・大会数日前にきて、抽選賞品がにわかに豪華になってまいりました。
入賞者とサンダーズは抽選会から外そうか、なんて話も当初ございましたが
「もう そんなの関係ねぇ」て事にさせて頂きたく、
やはりくじ運さえもガチ勝負という事で宜しくご了解くださいませ。


協賛企業のご案内 7 (京田辺夕涼実行委員会様)

京田辺市民なら記憶に新しいこの夏、復活した京田辺花火!!


この祭りを成功させられた京田辺夕涼実行委員会様より
★協賛金
ならびに協賛品・・・まさかの、ストライダー界では前代未聞でないか思われる、
どういう経緯で なんでここにやってきたんだ??
TOSHIBA REGZA 32型TV! どどーん(花火が打ちあがる)
を頂戴いたしました。。。

こりゃあもう、入賞なんてどうだっていいわ(シレッ)なんて気にもなりかねない
第一回サンダーズカップ抽選会。。。
練習会同様?最後までみんなを帰さないぜ、の精神が
まさかこんな形で繋がってこようとは・・・
皆さん、大会当日日曜日は今のところお天気予報芳しくありませんが
それでもなんでも(?)とにかく最後まで諦めない精神でTVゲットでございますぞ!

京田辺夕涼実行委員会様、
来年も花火期待してます!!!!!!!!!

ご協賛くださり本当にありがとうございます。

STRIDER CUP 名古屋ラウンド 試合結果

まずは、2歳クラス

セイタ選手
結果・・・
予選敗退

セイタパパからのレース情報としまして、
スタート拒否もせず、きちんと完走出来たと言う事で
セイタパパも満足

セイタ選手
4丁目公園でのタイムトライアルでも
着々とタイムを縮めてきています。
時たま見せるいい走りを
スタートからゴールまで、その走りが出来れば、
結果は後から付いてきます。
今後のセイタ選手に注目しましょう、

3歳クラス

4選手が出場

予選2組目
ユウト選手とソウダイ選手が同組

次のラウンドへは、上位2位まで

黄色軍団の2人はこんな大舞台でやってくれました。
1・2フィニッシュと申し分ない結果で準決勝へ
黄色の1・2
私も見たかったです。

予選激戦

リョウマ選手が頑張ってくれました。
最後まで何が起きるか分からないストライダーレース

最後まで諦めない気持ち2位通過

予選11組

リク選手は激走の1位通過
月齢が近い選手とのレースでは当たり前の様な1位通過のリク選手

今大会のような月齢も関係ない過酷な組合せでの
1位通過はリク選手にとっても大きな結果だったでしょう。

参加全選手が準決勝へ

ここからが本当の勝負だぁ〜

で、ここで総合コーチ到着。
と、同時にソウダイ選手の準決勝がスタート

慌ててビデオを取り出しましたが間に合わず

映像なしで、申し訳ございません。

ソウダイ選手若干スタートが遅れたか・・・

それでスピードに乗れずゴール

ソウダイパパに聞いた所、
やはり予選の時とは程遠い走り

予選を勝ち上がれる実力はあるだけにスタートが決まっていれば・・・

ソウダイ選手準決勝敗退

準決勝2組目
ユウト選手・リョウマ選手

彼らの実力があれば決勝は間違いなし

決勝での一列目スタートをかけて

レディ セット ゴー



両者共にまずまずのスタート

ユウト選手はインを取りに、コース取りは◎
リョウマ選手、スピードに乗ってますが、アウト側へと
ロスが生じます。

結果
ユウト選手4位・リョウマ選手5位でファイナルへ

準決勝4組目
リク選手


スタート直後のブロック
団子状態の中走行と第一コーナーまではかなりの遅れ・・・

しかし、リク選手も最後まで走りきり
5位通過でファイナル

サンダーズからは3名が
2列目のスタートですがファイナル進出

決勝

2列目スタート
イン側からユウト選手・リョウマ選手・リク選手

レディ セット ゴー


ユウト選手完全なスタート失敗
リョウマ選手のスタート直後のイン攻めは素晴らしい
準決勝のアウト側を見事に修正
リク選手もスタート直後にインを攻めます。


今回ビデオワークが難しく・・・
最期のコーナで誰が出てくるか・・・ドキドキの中

リョウマ選手5位で
リク選手11位で入ってきました。
ユウト選手も第1コーナーを抜けたところまでは良い位置でしたが・・・

どこでどうなったかは・・・

しかし、サンダーズからファイナル3名

表彰台こそは逃しましたが、みんな頑張って走りぬけてくれました。


最後は

4-5歳クラス

まずは、ケンショウ選手の選手宣誓から

堂々と宣誓するケンショウ選手

本当に素晴らしかったです。

ストライダーカップで選手宣誓ができる選手を目指すのも、
一つのステータスかも知れませんね


4-5歳クラスからは
エースのケンショウ選手
私が台風の目と称するシセ選手

まずはケンショウ選手
いきなり好敵手の宝のタクマ選手

スタートはアウトからのスタート

ただちにインを攻めますが第一コーナーのタクマ選手との差は、インアウトの差か・・・

アウトからインのインを突きトップへ

ゴールまで競り合いましたが、ケンショウ選手1位で準決勝へ

次はシセ選手



スタート直後の力強い走りでどんどん後続を離して行くのが印象的でした。

ここは危なげなくダントツの1位通過

この日は両選手見せてくれます。

準決勝1組目

ケンショウ選手
言わば、ここからが本当の勝負

同組には関西の実力選手
リツ選手とリク選手
上位3位以内を目指し


 

イン側スタートのケンショウ選手
第一コーナーまで、ブレることなくまっすぐコーナーまで

コース取りも申し分なし

準決勝の1位通過

準決勝4組

同組には関西を代表する
ダイチ選手・モネ選手・カエミ選手

ここが新生シセ選手の実力の発揮場所



強豪を抑えてのあの走り・・・
圧巻の一言

シセ選手も1位通過でファイナル


いよいよやってきました・・・

名古屋ラウンドの最高峰レースのファイナル

もちろん1列目スタートから

1番グリットケンショウ選手
3番グリットシセ選手

ケンショウ選手は狙うは頂点
シセ選手は狙うは表彰台

この日の二人は、そんな可能性を秘めた走りを予選から見せているだけに
期待は大

ファイナル
レディ セット ゴー
ケンショウ選手スタート成功で、3番手につけます
シセ選手はグリッド位置が悪かったか??

スタート直後に上位3選手に挟まれスピードに乗れず・・・

ケンショウ選手は最終コーナーで前走者を猛追いするも一歩及ばずで3位
シセ選手はスタート直後と、第一コーナー後のスピードダウンが影響し7位

二人は本当にいい走りをしてくれました


【表彰式】

またまたやってくれました
ケンショウ選手




第3位

東北に続き連続で表彰台

継続することの難しさ・・・

今回も素晴らしい結果でした。

おめでとうございます。

【最後に】

私、前ブログでも申し上げた目標通り

4-5歳クラスは全組のビデオ撮影と、各組の上位選手のタイム測定を行ってきました。


4-5歳クラスのトップタイムは31秒台

年長クラスのトップ選手でだいたい34秒台
年中クラスのトップ選手で34秒後半~35秒台
年少クラスのトップ選手で37秒後半~38秒台の結果が出ました。

ファイナルに出場するには、遅くとも39秒位でした。

ファイナルは100人ラップ可のストップウォッチで
24人のタイム計測をしました。

18~24人目が一番大変でした・・・
(って、何の報告だ??)

ちなみに、3歳クラスのチャンピオンのファイナルで38秒後半なので、
タイム的には充分4-5歳でもやっていけそうなタイムを現時点で出している
3歳クラスチャンピオンは末恐ろしい選手だと警戒しております。


































2012年10月20日土曜日

STRIDER CUP 頑張れ! サンダーズキッズ

TCに向けてブログ更新係り(約3名)が目まぐるしい中・・・
今日だけでどんなけ更新したか?サンダーズブログ

TC情報だけでなく、明日のSTRIDER CUP 名古屋ラウンドの情報も・・・

 明日のサンダーズからの参加キッズ


2歳クラス

セイタ選手

本家STRIDER CUP
2歳クラスでの出場は恐らく最終戦

スタートに不安ありのセイタ選手・・・
伴走ありならどんどん着いて行きます。

明日は、どっちに着いてく??
パパに着いていくか?? それとも妊婦のママさんか??

ママさんとなれば、参加一家はみんなで、妊婦ママも応援しようV



3歳クラス

ユウト選手



サンダーズの一員として初参戦
過去の参加したSTRIDER CUPでは苦杯をなめたと聞いております。
今回はみんなの 応援を力に変えて頑張れ、ユウト選手

リョウマ選手


激戦7組
なぜこの組にリョウマが・・・
と思うほどの運の悪さ
この激戦区を乗り越えれば光は見える
これも経験
これを試練の場所と思い、または最高の舞台だと思い
激走リョウマ伝

私が会場に着いた時に、リョウパパの荒れた顔だけは、荒れ果てた顔だけは、
お目にかかりたくない。
リョウパパの為にも、お守りならぬ
曇らない様にてるてる坊主を作り、
いつもの2.5枚目のリョウパパにお会いできることを楽しみにしております。

ソウダイ選手

大阪ラウンドに続く2度目の出場
前回は体調不良やら、オネムやらで不完全燃焼
今回はどんな闘いを見せてくれるか・・・
って、今回もまさかの体調不良情報
しかも、チームメイトのユウト選手同組
1・2フィニッシュが一番の理想型です
頑張れ、ソウダイ選手

リク選手
今まさに3歳の壁にブチ当たっている大阪ラウンド2歳クラスのチャンピオン
本家の舞台・・・
リク選手はただでは終わりません。
この大会をきっかけに
この大会を踏み台に
一皮むけるリク選手に注目


4‐5歳クラス

ケンショウ選手

我がチームのエース
参加出来るSTRIDER CUPも今回を入れて残り3戦

初戦の横浜ラウンドを除けばすべて参戦のケンショウ選手
彗星の如く現れたこの選手
ただの参戦者だけではなく、みなさんもご存知きちんと成績を残しています。

残る取るべき席はただ一つ
明日取るのかその他のラウンドで取るのかはケンショウ選手次第
明日もコヤツからは目が離せねぇ~


シセ選手





ご覧の通りのシセ選手
私以前、シセ選手の台風の目宣言をいたしました。

一難去ってまた一難とはこのことでしょうか??

今回の名古屋ラウンド・・・
台風21号の影響が心配されておりましたが
台風の影響なく明日は晴れの天気予報
まさに、台風からの難を逃れることができました。

しかし、シセ選手まさかの大風邪・・・
こんな大事な時に難が来てしましました。

この風邪を風に変えて
大風になって本当の台風の目になってもらいましょう。


とは言っても、リョウパパの荒れた顔だけは絶対に見たくない(念押し)


明日のサンダーズの総合コーチは、
片手にビールをビデオに持ち替えて
片手にスルメをストップウォッチに持ち替えて
皆さんのバレないように名古屋ラウンド応援宣言

TCの為にこしらえたNEWストップウォッチで
100人までラップタイムが測定出来るNEWストップウォッチとビデオで
4‐5歳クラス全員の映像とタイムを残す事を目標に掲げ
名古屋ラウンドに参戦いたします。

って、なんの意気込み??


キャメラマンがやってきます (カメラのトモミ堂)

 カメラのトモミ堂

京都で写真撮影といえばトモミ堂さんです!

近鉄「新田辺」東口出てすぐ、キララ商店街玄関口にございます。
京田辺市の幼稚園・保育所・小学校・中学校・高校、同志社大学の様々なイベントに
必ずトモミ堂さんの姿があります。
サンダーズカップでは輝いてる子供たちを漏らさずナイスショット!

レース終了後、チーム集合写真撮影を予定しております。
また躍動するライダーたちの写真販売もございますのでお楽しみに!

キララちゃんもぱしゃり!

協賛企業のご案内 6 (KTC京都機械工具㈱様)

日本を代表するハンドルツールメーカーKTC京都機械工具㈱
「軽くて強くて使いよい」を基本に高品質、独創的な技術力で市場をリード!
10,000アイテムにも及ぶ多彩な製品を開発し、
アイテム数・生産量ともに国内No.1の実績と信頼。
路面や天候に合わせたストライダーのカスタム。
優れた整備工具を持つ事もレースのうち。
レースで勝つためのツール、それはKTCだっっ!
と珍しく熱く語りましたが、KTC京都機械工具㈱様より
サンダーズカップに★工具セット→★工具類とTシャツ(10/23修正)を
ご協賛頂ける事になりました!
はっきりいってこの賞品に鼻息荒く 浮かれ踊るのはお父さん、あなたですっ!
どんな工具セットなのかは近日中にアップ致します!お楽しみに!
ご協賛くださり本当にありがとうございます。

協賛企業のご案内 5 (Smell & Tree様)

 
(tabelog★3.38ですっ)
 

同志社大学生の降車駅 JR「同志社前」駅むちゃ近の豆乳ドーナツ屋さん
Smell & Tree様より
★豆乳ドーナツ300円クーポンを10枚ご協賛頂きましたーーっっ
素朴なしっとりもっちり系、お求め安い美味ドーナツです。
ワタクピ、幼稚園児のいるお友達のおうちにお邪魔する際利用した事あります!
好評でした!
サンダーズカップの手土産に、小腹を空かせたお子様たちに是非どーぞ!
駅前にありますが鼻をクンクンきかせてないと通りすぎちゃうぞ~
 
ご協賛くださり本当にありがとうございます。

協賛企業のご案内 4 (㈱ワイティーエス様)

 
機能性・安全性が高くシンプルでかっこいいヘルメット=bern!!
サンダーズでもケンショーくんやそーちゃんが愛用してます!

そんなbernヘルメット、㈱ワイティーエス様より
★bern「NINA」グロスシアンガールズヘルメット
(バイザーがついているもの)
をご協賛頂きました!!

コデイネイトしやすいカラー、主張しすぎない軽快な流れる花柄。
可愛らしさと反する 秘めたる闘志。二つを併せ持つ大和撫子ライダーに相応しい!

抽選会での賞品になるかなぁ。一体誰の手に?!

ご協賛くださり本当にありがとうございます。

2010年クラス コースレイアウト

そして最後は2010年クラスです!
坂道はありませんが、くねくね2回のS字コーナー。
脱輪せずにうまく走りきれるかな!?

★予選(集合・整列 9:25)
  まずは直線50m!
  いかにまっすぐ走るかもポイントとなるでしょうか。
 ★敗者復活(集合・整列 10:20)
  準決勝  (集合・整列 11:40) 
   今度はS字コーナーを1箇所使用します。
   インコース攻めすぎての脱輪に注意!
★決勝(集合・整列 12:50)
  決勝では2箇所のS字コーナーを使用します!
  そうです、先日のブログで紹介された動画であった、あの2つのS字コーナー。
  スタート・ゴール位置は違いますが、イメージつくかな!?


2009年クラス コースレイアウト

最多人数の2009年クラス
2008年クラスと予選の直線距離が少し短くなりますが、その他は同じコースを使用します。
2008年クラスでもタフであろう、このコース。
2009年には特に大変ではないでしょうか。
今大会最多人数51名エントリーの2009年クラス、頂上で笑うのは誰だ!

★予選(9:45集合)
★敗者復活戦(10:50集合)
  準々決勝  (11:55集合)
 ★準決勝(13:20集合)
 ★決勝(14:15集合)

2008年クラス コースレイアウト

続いては2008年クラス
2006・07年クラスまったく同じコースを使用し、
2006・07年 予選2回⇒2008年 予選1回のみ異なっています。
4・5歳クラスとして、先輩たちに揉まれに揉まれているこの世代。
自分たちのフィールドに戻り、栄冠をつかむチャンス!
気持ちを奮い立たせて坂道の頂上を目指せ!!

★予選1回目(9:05集合)
 ★敗者復活戦(11:15集合)
  準々決勝  (12:20集合)
 ★準決勝(13:35集合)
 ★決勝(14:20集合)
  
  

2006・07年クラス コースレイアウト


お待たせしました!
コースレイアウトについて決定しましたので、公開していきたいと思います。
今回、mixiの大会コミュニティでも皆様のご意見をいただきながら、
自由にコースレイアウトを変更できると言う教習所ならではのコースを考えました。
予選から決勝まで少しずつ難易度が上がっていきますよ~
親子でレイアウト図とのにらめっこをしながらの作戦会議がキーとなるかも!?

それでは最上位クラスの2006・07年クラスから発表していきます!

2006・07年クラスは、予選2回のポイント制レース。
敗者復活からの勝ち上がりの場合、最大なんと6レース!
あ、ガールズの場合、7レース!!
スピードだけでなく、体力、そして組合せを決めるくじ運も要求されるレースとなります。
さて勝者は誰の手に!?

★予選1回目(8:50集合)
 この予選が今大会の杮落としレースとなります。
 全クラス、今回予選はなんと直線!
 ありそうでなかった直線レース、みんなまっすぐ走れるんだろうか!?
 ロスなく最後までスピードに乗り切った者が勝者となるゾ!
 ★予選2回目 (10:35集合)
  敗者復活戦(11:30集合)
  準々決勝  (12:35集合)
   予選2回目から準々決勝までこのコースを使用します。
   先程の直線レースとは異なり、コーナリングでのテクニックが要求されます。
   2回のS字カーブを抜け出し、誰がいち早くゴールに辿り着けるか!?
 ★準決勝(13:45集合)
  準々決勝からゴール地点が移動し、さらに最後の直線が延長されています。
  お昼ごはんを食べ終わったころ、眠さと食後の重い体を奮い立たせて、
  いかに全力を出し切れるかが勝負の分かれ目でしょうか。
  親のコントロール能力も試されます!
 ★決勝(14:30集合)
  そして決勝は準決勝からさらに折り返し、最後体力が磨り減った中で、
  踏切を越えてからの最後の最後に坂道を登っていただきます。
  このコース、「ツール・ド・フランスのように坂道のてっぺんでのゴールはどうでしょうか?」
  といったmixi上の本大会コミュニティ上で寄せられたご意見を元に検討させていただきました。
  「ってそんなことしたら子ども達に口きいてもらえないかも…」なんて声もありましたが、
  思いっきり採用させていただきます!
  そうです、この坂皆さんも一度はエンストしたことのあるであろう坂道発進の急坂なんです。
  仮免許取得のための所内け数々の受験者を振り落としてきた、この坂道。
  子供たちも一足先に、この苦労勉強してもらいましょう。
  体力を振り絞って最後の坂に挑む子供達、熾烈なレースとなることまちがいなし!!
  坂の頂上で勝者の雄叫びをあげ、下り坂をゆっくりとウイニングランしていただきましょう♪